法人向け保険商品「プライムステージ」の魅力に迫る

企業向け保険会社一覧

朝日生命の法人保険「プライムステージ」などの特徴や評判を解説

朝日生命は個人保険を得意とする保険会社ですが、法人保険の取り扱いもあります。

こちらでは、朝日生命とはどのような保険会社であり、朝日生命の法人保険にはどのような商品があるのかをご紹介していきます。

朝日生命の保険商品が気になっている方にとって、会社の理解、商品の知識を深めることができるはず。さらに加入者だけのお得な特典もご紹介していきます。

それでは早速見ていきましょう。

ご相談・資料請求はこちら(無料)
※総合保険代理店「ほけんのぜんぶ」のページへ遷移します。
24時間365日対応しています。


朝日生命とは?

朝日生命は明治21年(1888年)に帝国生命として創業し、130年に渡り続く歴史ある保険会社です。

総資産額は約5.4兆円、保険会社の財務の健全性をはかる基準であるソルベンシー・マージン比率は742.7%となっています。(2017年3月末時点)

ちなみにこのソルベンシー・マージン比率が200%を切ると金融庁より、業務改善命令が出るので、その点は安心と言えます。

また、朝日生命のイメージキャラクターとして、平成9年より菅野美穂さんが起用されており、TVCMやポスターなどをご覧になった方もいるかもしれません。

では次に朝日生命が商品にはどのような特徴があるのか解説していきます。


朝日生命の取り扱う法人保険

朝日生命は個人保険、特に医療・介護保険(第三分野)を得意としており、法人保険分野においても経営者向けの介護保障商品などを主力商品としてしています。

それでは朝日生命の取り扱う法人保険の中から、主力商品について具体的な内容やその特徴をみていくことにしましょう。


法人保険の内容と特徴

今回はご紹介するのは朝日生命が誇る以下の商品。

  • プライムステージ(介護保険)
  • プレステージ(定期保険)
  • プレステージ2(定期保険)
  • 経営者プラン(利率変動型積み立て保険)
  • 福利厚生として活用できる商品一覧
  • グランドステージ(定期保険)今年発売!!

  • それぞれ詳しくご紹介していきたいと思います。


    プライムステージ(5年ごと利差配当付介護保障定期保険)【全損】

    朝日生命の「プライムステージ」は、経営者の要介護状態のリスクに備えながら、解約返戻金を活用した事業資金対策や、節税対策にも活用できる法人保険です。

    この法人保険では、公的介護保険における要介護3以上と認定された場合、まとまった介護一時金を受け取ることができ、 高額の介護保障で経営者の休業リスクへ備えられることが特徴です。ただ、支給要件の要介護3以上というのは、条件としてはやや厳しめだといえます。

    また被保険者(経営者)が、介護一時金を受け取る前に死亡した場合には死亡保険金が支払われますが、保険金の支払いに備えて保険の中に積み立てられる責任準備金相当額であり、多くの場合には払込保険料累計額を下回ります。

    つまり、この法人保険は「要介護状態」の保障がメインであり、死亡保障としての機能はほとんどありません。そのため、経営者の死亡保障を必要とする場合には、別の法人保険に加入するなどして保障を確保する必要があります。

    この保険に加入するメリットとして、法人保険契約における支払保険料は全額損金扱いとなり、節税効果は高くなります。

    契約者:法人 被保険者:経営者(50歳・男性) 保険金受取人:法人
    介護一時金額:3億円
    保険期間・保険料払込期間:85歳満了
    年払保険料:3,347,700円

    朝日生命では、終身保障で解約返戻金をなくし、公的介護保険制度で要介護1以上になると保険料払込が免除される「あんしん介護(経営者プラン)・5年ごと利差配当付介護一時金保険(返戻金なし型)(2012)」という法人保険も取り扱っています。

    「プライムステージ」をご検討の方はこちら
    ※総合保険代理店「ほけんのぜんぶ」のページへ遷移します。
    24時間365日対応しています。


    プレステージ(無配当普通定期保険)【1/2損金・全損】

    朝日生命の「プレステージ」は、長期にわたり経営者の高額な死亡保障を確保しながら、解約返戻金を活用した役員退職慰労金対策・事業資金対策や、節税対策を行うことができる法人保険です。

    この保険は長期定期保険として、法人保険契約では保険料の1/2が損金または全額損金扱いとなります。加入年齢にもよりますが、加入から5〜10年で税効果考慮後の実質返戻率で100%を超えることも可能です。

    契約者:法人 被保険者:経営者(40歳・男性) 保険金受取人:法人
    保険金額:1億円
    保険期間・保険料払込期間:95歳満了
    年払保険料:2,448,800円(1/2損金)
    加入5年経過後(45歳時)の解約返戻金:10,100,000円(単純返戻率82.4%)
    (実効税率を33.80%としたときの、税効果考慮後実質返戻率:99.2%)
    加入10年経過後(50歳時)の解約返戻金:20,640,000円(単純返戻率84.2%)
    (実効税率を33.80%としたときの、税効果考慮後実質返戻率:101.4%)
    契約者:法人 被保険者:経営者(55歳・男性) 保険金受取人:法人
    保険金額:1億円
    保険期間・保険料払込期間:70歳満了
    年払保険料:839,800円(全損)
    加入5年経過後(45歳時)の解約返戻金:4,370,000円(単純返戻率52.0%)
    (実効税率を33.80%としたときの、税効果考慮後実質返戻率:78.6%)

    プレステージ2(無配当普通定期保険(低解約返戻金型))【1/2損金・全損】

    朝日生命の「プレステージ2」は、長期にわたり経営者の高額な死亡保障を確保しながら、解約返戻金を活用した役員退職慰労金対策・事業資金対策や、節税対策を行うことができる法人保険です。

    この保険は、「プレステージ」と同じ長期定期保険ですが、加入から一定期間を低解約返戻金期間とすることによって、保険料が割安となる商品です。それにより低解約返戻金期間終了後の返戻率が高くなっています

    低解約返戻金期間は加入後10年または20年で設定します。低解約返戻金期間を10年に設定した場合には、6年目までは通常の解約返戻金の50%、それ以降は70%の解約返戻金となります(20年に設定した場合には、12年目まで50%、それ以降は70%)。

    この保険は長期定期保険として、法人保険契約では保険料の1/2が損金または全損扱いとなります。

    契約者:法人 被保険者:経営者(40歳・男性) 保険金受取人:法人
    保険金額:1億円
    保険期間・保険料払込期間:98歳満了(低解約返戻金期間:20年・60歳まで)
    年払保険料:2,358,600円(1/2損金)
    低解約返戻期間経過後(61歳時)の解約返戻金:46,770,000円(単純返戻率94.4%)(実効税率を33.80%としたときの、税効果考慮後実質返戻率:113.6%)
    契約者:法人 被保険者:経営者(55歳・男性) 保険金受取人:法人
    保険金額:1億円
    保険期間・保険料払込期間:100歳満了(低解約返戻金期間:10年・65歳まで)
    年払保険料:3,788,900円(1/2損金)
    低解約返戻期間経過後(66歳時)の解約返戻金:33,960,000円(単純返戻率81.4%)(実効税率を33.80%としたときの、税効果考慮後実質返戻率:98.0%)

    低解約返戻金期間を設定することで返戻率を高めることはできますが、解約リスクが大きくなるため、その間に解約することのないよう計画的な加入が特に必要です。


    朝日生命の経営者プラン(利率変動型積立保険)

    朝日生命の主力商品である「保険王プラス」に、法人が契約者となって法人保険として加入するのが「朝日生命の経営者プラン」です。この保険は、積立保険による積立部分と定期保険や終身保険など保障部分で構成されています。

    法人保険として、保障の確保や資金準備に利用するほか、積立保険を余剰金の積立・運用先としても活用することができます。

    ただし、積立保険は通常の預金などとは異なり、引出しや解約に手数料がかかるなどデメリットもあります。その点を理解した上で利用しなければなりません。


    福利厚生制度として活用できる朝日生命の法人保険

    朝日生命の法人保険(団体保険)には、福利厚生制度として活用できる商品も準備されています。

    企業が保険料を負担し福利厚生制度を充実させる朝日生命の法人保険商品

    朝日の新グループ保険(無配当総合福祉団体定期保険)【全損】
    企業が契約者となり、役員・従業員が全員加入する保険期間1年の定期保険で、弔慰金や死亡退職金の財源を確保することができます。保険料は全額損金となり、福利厚生の充実と節税対策を行うことができます。

    また有配当型と比べ、保険料が割安となります。配当の金額によっては実質的に割安となるとは限りませんが、保険料支払時に保険料が確定するため、経理処理は楽になります


    従業員が保険料を負担し自助努力をサポートする朝日生命の法人保険商品

    シンプルメディカル(家族特約付無配当団体医療保険)
    保険料は役員・従業員が負担する商品ですが、団体保険として加入することにより、個人で加入するよりも割安な保険料で保障を確保できるというメリットがあります。また家族特約を付帯すれば、配偶者や子どもまで加入できるのが特徴です。


    グランドステージ(災害死亡重点保障型定期保険)【1/2損金・全損】

    朝日生命は2018年3月1日に発売した法人向けの保険「グランドステージ」。

    この保険の特徴は、保険期間別に対象となる保障内容が変わってくることです。

    第1保険期間:災害死亡保険金/死亡保険金
    第2保険期間:死亡保険金


    もちろん保険料は損金計上可能(1/2損金,全額損金)で、解約返戻金を勇退後に活用することもできるので税金対策にも繋がります。


    加入者だけのお得な特典あり!

    朝日生命では、加入者向けに最新の情報がつまったビジネス情報誌を読むことができます。その中で、経営者の苦労話やサクセスストーリーを無料で掲載することもできるので、新たなビジネスに繋がる可能性もあります。

    また、ABCセミナーという、各業界の専門家を講師に迎えたセミナーを全国で開催しています。

    さらに、経営者向けだけでなく、企業の従業員向けにストレスチェックやスパやゴルフ場、宿泊施設などを格安で受けることができます。

    本来であれば費用のかかるものが加入者限定で受けられるのは、朝日生命の保険に加入するメリットと言えます。


    まとめ:全損型は「プライムステージ」おすすめ

    朝日生命は、明治22年創業の歴史と実績のある保険会社です。

    朝日生命では全損型の「プライムステージ」など、特徴のある法人保険を取り扱っていますが、返戻率では、朝日生命よりも他社に優位性がある場合も比較的多いといえます。

    法人保険に求められる様々なニーズは様々ですので、朝日生命の商品だけでなく、朝日生命と他社の商品とを比較した上で、朝日生命の法人保険を活用しましょう。

    ご相談・資料請求はこちら(無料)
    ※総合保険代理店「ほけんのぜんぶ」のページへ遷移します。
    24時間365日対応しています。

    忙しい経営者ほど「保険のプロ」に相談し、保障と節税効果を得ています。
    問い合わせ 問い合わせ
    法人保険のメリットを最大限享受するためには、専門家の知識をもとに保険を選ぶことがベスト。

    目的に合った法人保険を選ぶには、会社の経営計画や保険料、損金、解約返戻金など、様々な要素をいっぺんに考える必要があります。この複雑さが、皆様の頭を悩ませる大きな原因でしょう。

    当サイトでは、そんな皆様のお悩みを解決するため、保険や税の専門知識をもつ法人保険のプロが、本当に最適な保険を選ぶための力になります。ぜひご活用ください。


    ※お電話でもご相談を受け付けております» 0120-912-965





    あわせて読みたいおすすめ記事

    1. 外資系保険会社 チューリッヒ生命

      自社にあった法人保険を見つけるというのは、案外難しいものです。企業の状況や経営者・従業員の事情も、企業ごと…

    2. 東京海上日動あんしん生命の全損保険 東京海上日動あんしん生命

      東京海上日動あんしん生命は、東京海上グループにおける中核企業である生命保険会社です。東京海上日動あんし…

    3. オリックス生命のメリット オリックス生命

      大型保障が備わる法人保険は毎月の保険料が高額になりがち。先のことを見据えれば法人としての備えが必要だと…




    おすすめの法人保険

    法人保険の基本情報

    法人保険の種類

    生命保険

    損害保険

    保険の節税効果

    保険活用テクニック

    法人税の基本

    相続・事業継承

    その他節税対策

    企業向け保険会社一覧

    商品一覧

    会社設立

    PAGE TOP