忙しい人ほど利用したい無料相談サービス

法人保険プレミアコンシェルジュの活用方法を徹底解説!

コンシェルジュ

「税金が高い」「節税がしたい」「賢く資産運用したい」とお考えの経営者の皆様、以下のようなお悩みはございませんか。


  • 5年後の大型投資に向けて、返戻率120%の法人保険を探しているけど、どれが良いのかわからない。
  • 退職の時に名義変更をして、医療保険の現物支給を受けたいけど、やり方がわからない
  • そもそも法人保険で節税したいけど、出口戦略ってなんだっけ?



  • そんな疑問をお持ちの経営者のあなたは、法人保険の基本を理解できても、自分で法人保険選びをするのは、非常に難しく時間を費やしても結局わからないといったことになりがちです。

    だからこそ、「法人保険比較.net」では、法人保険プレミアコンシェルジュ・サービスを運営しています。

    法人保険プレミアコンシェルジュは、上記のような疑問や悩みを解決し、経営者の皆様が最適な法人保険を契約し、税務上の優遇を得られるようにサポートする無料相談サービスです。

    今すぐ相談したいという方は以下のボタンからご相談頂けます。また、法人保険プレミアムコンシェルジュのことをもっと知りたい方はこのまま読み進めて頂ければ幸いです。

    電話で無料相談をする
    (0120-912-965)
    ※24時間365日対応
    ※電話発信機能がない場合にはボタンをクリックしても電話ができません。


    法人保険プレミアコンシェルジュとは?その活用方法

    法人保険プレミアコンシェルジュとは、高い法人税に悩む中小企業の経営者の皆様におすすめの無料相談サービスです。

    日本最大級の法人保険専門メディア「法人保険比較.net」と、中小企業に特化した法人保険を扱う総合代理店「ほけんのぜんぶ」が提携し、サービス提供しております。

    ほけんのぜんぶ

    法人保険プレミアコンシェルジュは、中小企業への相談に特化し、経営者の方の企業や個人資産、そして家族を含めた総合的な保険コンサルティングを行うことで信頼を築いてきました。

    単に節税対策をするだけでなく、事業継続を阻むリスクに対しても適切な保障を提案します。特に中小企業の場合は、経営者の方の存在が非常に大きいため、事業継承などでも問題が発生しやすいです。

    それらのリスクに保障を得ながら準備し、お得な節税効果も生まれるという、税務署に否認されることのない王道の法人保険の提案が行えます。


    中小企業に最適!ほけんのぜんぶとは?

    ほけんのぜんぶとは

    法人保険プレミアコンシェルジュの提携先である「ほけんのぜんぶ」は、次のような特徴を備えています。

    取扱保険会社は29社以上

    2018年、金融庁登録の生命保険会社は40社。ほけんのぜんぶは、その内の国内主要の保険会社29社を取り扱っています。保険の販売代理店には一社専属と複数社を取り扱う乗合代理店がありますが、ほけんのぜんぶは後者です。

    もちろん複数商品を取り扱う乗合代理店のほうが、提案力(商品数や節税スキームなど)は勝ります。

    プロフェッショナルな人材

    法人保険は出口戦略が必要なため、保険の知識だけではなく経営や税務など専門的な知識が担当に求められます。担当者は経営者の皆様と同じ目線で会社のことを考えられるプロフェッショナルでなければなりません。

    その指標として2つの資格と1つの実績を紹介します。まずFP(※)取得率97%、保険業界共通上位資格取得率は91%ですので、ほとんどの社員が取得しています。 また、ほけんのぜんぶの社員は全国の銀行から選ばれて、銀行内で保険業務を行ってもいます。同じ金融業界でも評価されている点は、スキルの高さを示しています。

    さらに、中小企業応援団を掲げていることもあり、中小企業に強い保険代理店です。1社専属の外資系金融機関出身のある豊富なコンサルティング経験を積んだプロフェッショナルが、経営者様のヒヤリングとアドバイスを行います。
    ※ファイナンシャルプランナーの略で、お金に関する悩みに対してコサンルティングを行う専門家。

    万全のアフターフォロー

    法人保険は毎年の節税対策とともに、出口戦略(数年から10数年後)での返戻金によってはじめてお得な節税効果が生まれます。つまり、法人保険は長い付き合いになるため、アフターフォローはとても重要です。ここで1つ、ほけんのぜんぶに届いたお手紙をご紹介します。


    ~アミューズメントグッズ制作会社様からのお手紙~

    ・・・前略・・・

    毎年2,500万円の節税で、5年間で約4億円の簿外資産を形成できました。 事業は順調に成長しており、安定した利益が出ているのですが、商品製造に使う機械が壊れたり、新しい機械を導入する必要があり、そのたびに資金繰りには悩んでいました。
    ・・・中略・・・

    「ほけんのぜんぶ」さんに相談したところ、保険商品を活用することによって節税できるだけでなく、簿外に資産を持つことができると説明を頂きました。 これで突発的に必要となる資金繰りについても準備することができたので安心しました。 今でも定期的に訪問してくださるので、状況に応じたアドバイスをもらえて感謝しています。


    ほけんのぜんぶは、契約後のフォローも全社をあげて行います。毎年決算月3ヵ月前や、満期と解約時期には必ずフォローの電話が入ります。さらに保険金の請求や名義変更など、担当者だけでなく、会社として24時間体制でサポートしています。

    また、国際的な各種認定(ISO/IEC 27001、ISO10002、プライバシーマーク付与認定)も受けており、問い合わせからアフターフォロー時まで、適切に個人情報を扱っています。


    人材教育を適切に行うことでプロフェッショナルな人材を育て、その人材が商品力を活かし最適な提案をしてくれることが伺えます。

    長期の付き合いになるからこそ信頼のおける代理店、営業担当に任せたいものです。


    相談するなら?保険会社と保険代理店の比較

    相談場所の比較

    法人保険の相談というと、日本生命や第一生命など日本を代表する保険会社をイメージするかもしれません。 しかし、2000年以降は、単体の保険会社ではなく、保険代理店を通じて保険契約をするのが人気です。

    なぜ大手の保険会社ではなく、保険代理店の方が良いのでしょうか?以下で解説します。

    まず、保険会社により強みのある種類や目的が異なっています。つまり、1つの保険会社だけでは、最適な法人保険を選ぶことは難しいと言うことです。

    そして、同じ保険を同じ条件で契約する場合、保険会社で契約しても、保険代理店で契約をしても、保険料は同じです。

    そのため、複数の保険会社の商品を扱える保険代理店の方が、経営者の方のニーズに合わせた最適な法人保険を提案できるのです

    さらに近年は、規制緩和の影響で保険業界の様相が大きく変わりました。かつての保険会社や専属保険代理店の時代から、複数の保険会社を取り扱う保険代理店のニーズが高まっているのです。

    ※保険の自由化は、1996年に始まりました。2002年には、保険や銀行業などの代理店業務も解禁され2018年に続いています。

    特徴
    これまで 特定の保険会社や専属保険代理店による訪問営業が中心
    ノルマや強引な勧誘行為が問題
    現在 複数の保険会社を扱う保険代理店が人気
    顧客ニーズをヒヤリングした後、シミュレーションなどを行う
    最適な保険を提供する
    相談は何度でも無料
    保険料は保険会社でも代理店でも同じ

    もちろん、保険代理店だからと言ってどこでも良いわけではありません。特に最適な法人保険への加入方法は、個人の保険とは大きく異なっています。出口戦略を考える必要があるからです。

    信頼できて、法人保険に強い保険のプロフェッショナルが相談に乗ってくれる保険代理店と、ヒヤリングやシミュレーションを行った上で、最適な法人保険を選ぶことが重要です。


    相談者の口コミ・体験談

    これからご紹介する体験談は特別に「ほけんのぜんぶ」から頂いた貴重なアンケートです。ぜひ相談の際の参考にしてみて下さい。

     30歳セミナー運営会社代表
    ” 10年~15年後に現在のビジネスを後任に任せ、新しいビジネスを考えたいと思っている。 新規ビジネスと、家族のために退任の際、大きなお金を退職金として受け取りたい。
    小規模企業共済などを使い、損金を作ってきたが、全額損金の保険の使い方、 将来的な資金の確保に1社専属の保険営業マンでは提案できない方法を提示され、 即決したのを覚えています。 ”

    ” 従業員の福利厚生として、世の中の制度と保険との違いメリット、デメリットを 分かりやすく説明してもらった。
    結果、新しい福利厚生の制度を導入することで、離職の低下につながり、 採用コストを抑えることができ、健全な経営につながっている。

    ” 損金が作りやすい飲食業界で経営をしているが、将来のリスクヘッジとして 保険が役に立つということを分かりやすく説明してもらい、加入を決意。 今まではもので損金を作っていた。
    将来の資産を確保することができ、短期的な視点でしか将来を考えられなかったが、 店舗経営に中期的なビジョンを持つことができた。

    ” 今まで、国内大手生命保険会社から勧められるまま、会社で契約をしてきた。 加入している保険の内容を見てもらったが、保障と退職金の確保のための保険に ついては納得がいくものであった。
    しかし、10年毎で更新されていく入院やがんの保障、把握されないまま資産計上 されている部分があることなどが分かった。
    改めて説明を聞いて、保険加入は入り口と出口の両方を良く考えないといけないと いうことを痛感した。 幸い、まだ保険に加入できる体の状況だったので、切り替えができたが、もし、 保険に加入できない状態だったと考えると恐ろしい。”


    経営者はあなたと同じように様々な悩みを抱えています。

    今回ご紹介した体験談では、「相談して良かった」「会社にとってプラスだった」「代理店ならではの提案力」などの声が見受けられました。

    体験談はご自身にとって良かったと思える内容ばかりですので、無料相談できるのであれば一度相談してみる価値はありそうです。では、実際に相談するにはどのような手順で相談をすれば良いのでしょうか?

    普段忙しい経営者の方向けに、次で相談方法をご紹介していきます。


    ご相談の流れ

    ご相談は以下の4つのステップとなっています。

    お問合せ
    メールあるいはお電話で受付けています。
    まずはどのくらい節税に繋がるのかなどお気軽にお問合せ下さい。


    ヒアリング
    貴社あるいは指定場所へお伺いし、貴社の状況などをヒアリングします。
    もちろん、法人保険について不明な点はなんでもご相談下さい。


    ご提案・お見積り
    ヒアリングの内容をもとに、貴社にとって最適なご提案とお見積りを作成致します。


    アフターフォロー
    契約後も決算、契約満期、解約時期などのタイミングはもちろん、全社をあげてフォローします。



    まず、相談には電話メールの2種類があるので、忙しい経営者の方は事前にメールで相談内容などを伝えておくと実際のお打ち合わせの際はスムーズに話が進められます。

    さらに、ご相談いただいたメールは1営業日以内にご返信、お電話での対応は「ほけんのぜんぶ」の経験豊富なオペレーターが24時間365日徹底サポート。

    当サイトの豊富な情報と法人保険に特化したプロによる無料相談サービスで、経営者の皆様が最適な法人保険の契約ができるようサポートいたします。

    貴社におすすめの法人保険から、人気商品の詳しい比較まで何でもお答えします。さらに、何度相談しても無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。


    電話で無料相談をする
    (0120-912-965)
    ※24時間365日対応
    ※電話発信機能がない場合にはボタンをクリックしても電話ができません。

    おすすめの法人保険

    法人保険の基本情報

    法人保険の種類

    保険の節税効果

    保険活用テクニック

    法人税の基本

    相続・事業継承

    その他節税対策

    企業向け保険会社一覧

    会社設立

    PAGE TOP