法人保険解説(FWD富士生命)

企業向け保険会社一覧

FWD富士生命が事業保険に強いって本当?徹底解説!

FWD富士生命の法人保険
FWD富士生命は、香港・シンガポールに拠点を置き、東南アジアを中心に保険事業を展開するFWDグループの一員であり、日本において生命保険事業を展開しています。

この記事では、FWD富士生命とはどのような保険会社であり、FWD富士生命の法人保険にはどのような商品があるのかをご紹介していきます。

こちらの会社の保険商品を検討しているのであれば、ぜひご一読下さい。



FWD富士生命とは?

FWD富士生命は、富士火災海上保険株式会社の100%出資子会社として、1996年に設立されました。2013年にAIG富士生命に社名変更。2017年にFWDグループの一員となったことで、FWD富士生命として新たなスタートを切りました。

FWD富士生命は、設立から約20年と生命保険会社の中では新しい会社であり、資産規模は、総資産額が約6,285億円(2016年度末)。保有契約高は約4.5兆円(2016年度末)です。

大手の生命保険会社と比較すると小さく、保険本業の収益力を示す「基礎利益」が約101億円のマイナス(2016年度末)となっているのは、やや懸念材料だといえます。

しかし、総資産額や保有契約高などは着実に成長しており、保険金支払余力を示すソルベンシー・マージン比率は1212.7%(2016年度末・200%以上がひとつの基準)と比較的高い水準を維持しています。

また、FWD富士生命は、他社にはないユニークな保険商品を開発・提供していることが高く評価されています。

法人保険分野においても、独自性と競争力を備えた商品を取り扱っており、法人保険を検討する際には選択肢としておきたい保険会社のひとつといえます。

それではFWD富士生命の取り扱う法人保険の中から、特徴のある法人保険について具体的な内容やその特徴をみていくことにしましょう。


生活障がい定期保険【全損】

FWD富士生命の「生活障がい定期保険」は、経営者の長期にわたる死亡保障のほか、要介護状態や重篤な5つの疾病によって働けなくなるリスクに備えることができる法人保険です。

【保険金支払事由】
死亡
所定の高度障害
所定の要介護状態
5つの疾病(転移性の悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中・慢性腎不全・肝硬変)により所定の重篤な状態に該当した場合

資産形成効果もあり、退職慰労金等の財源準備にも活用できる法人保険です。法人保険契約における保険料の取り扱いは、一定の要件を満たすことで全額が損金扱いとなり、節税効果が特に高い法人保険でもあります。

契約年齢にもよりますが、5〜10年の比較的短期間で高い返戻率のピークを迎えるため、短期間でまとまった金額の資金準備と節税対策ができるというメリットがあります。

【法人保険契約において全損となる契約例①】

契約者:法人 被保険者:経営者(40歳・男性) 保険金受取人:法人
保険金額:1億円
保険期間・保険料払込期間:72歳満了
年払保険料:3,143,081円(全損)
加入10年目(50歳時)解約返戻金:27,267,300円(単純返戻率:86.7%)
実効税率33.0%とした場合の実質返戻率:129.4%

この契約例での実質返戻率ピークは契約7年目(47歳時)
実効税率33.0%とした場合の実質返戻率:130.1%

【法人保険契約において全損となる契約例②】

契約者:法人 被保険者:経営者(50歳・男性) 保険金受取人:法人
保険金額:1億円
保険期間・保険料払込期間:77歳満了
年払保険料:5,263,661円(全損)
加入10年目(60歳時)解約返戻金:42,804,600円(単純返戻率:81.3%)
実効税率33.0%とした場合の実質返戻率:121.3%

この契約例での実質返戻率ピークは契約5年目(55歳時)
実効税率33.0%とした場合の実質返戻率:123.3%


FWD富士生命健康相談サービス

FWD富士生命の「生活障がい定期保険」に加入した場合には、「FWD富士生命健康相談サービス」を無料で利用できるというメリットがあります。

このFWD富士生命健康相談サービスは、提携するティーペック(株)が提供するサービスで、専門医によるセカンドオピニオンサービスや、専門医の紹介サービス、電話による各種相談・カウンセリングなどがその内容です。

FWD富士生命健康相談サービスのセカンドオピニオンサービスで紹介してもらえる専門医は、旧帝大医学部名誉教授を中心に構成される評議員会で選ばれ、認定を受けた日本を代表する優秀な専門医であり、日本最高といえるレベルの高い健康相談サービスです。

関連:「中小企業におすすめの法人保険は?共済とも徹底比較!」


99歳定期保険【1/2損金】

FWD富士生命の法人保険「99歳定期保険」は、経営者の長期にわたる死亡保障と、資産形成効果を活かした退職慰労金などの財源準備にも適した法人保険(長期平準定期保険)です。

【法人保険契約例】

契約者:法人 被保険者:経営者(40歳・男性) 保険金受取人:法人
保険金額:1億円
保険期間・保険料払込期間:99歳満了
年払保険料:2,433,599円(1/2損金)
加入10年目(50歳時)の解約返戻金:21,576,000万円(単純返戻率:88.6%)
(実効税率34.0%とした場合の実質返戻率:106.8%)

加入25年目(65歳時)の解約返戻金:52,196,300万円(単純返戻率:85.7%)
(実効税率34.0%とした場合の実質返戻率:103.3%)

この「99歳定期保険」では、所定の健康状態や喫煙の有無により、適用される保険料率が変わる仕組みがあり、条件を満たすことで保険料が割安になり、返戻率アップが期待できます。

【優良体料率適用条件】
①健康状態および身体状態が、所定の引受基準を満たしており良好
②血圧値が〈最大血圧140未満・最小血圧90未満〉の範囲内
③BMI値が〈18.0~27.0〉の範囲内 *BMI=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

【非喫煙優良体料率適用条件】
上記①〜③の条件を満たし、かつ 過去1年以内に喫煙をしていない場合

【標準体料率】
上記①〜③の条件を満たさない場合

加入25年目(65歳時)における保険料率ごとの比較
【法人保険契約例】契約者:法人、被保険者:経営者(40歳・男性)、保険金受取人:法人、保険金額:1億円、保険期間・保険料払込期間:99歳満了
保険料率 年払保険料 払込保険料累計 解約返戻金額 単純返戻率 実質返戻率
標準体 243万円 6084万円 5220万円 85.7% 103.3%
優良体 237万円 5925万円 5197万円 87.7% 105.6%
非喫煙優良体 232万円 5805万円 5247万円 90.3% 110.8%
※実質返戻率は、法人保険契約の保険料の1/2を損金とし、実効税率を34.0%と仮定した場合
※保険種類:標準体・定期保険、優良体・非喫煙優良体・優良体定期保険

FWD富士生命の「99歳定期保険」は、低解約返戻金型ではない長期平準定期保険の中では返戻率が高く、中でも非喫煙優良体の競争力はかなり高い法人保険商品だといえます。


その他の法人保険

生活障がい定期保険【全損】と99歳定期保険(定期保険/優良体定期保険)【1/2損金】以外で、FWD富士生命が取り扱う特徴的な法人向け保険を、以下に紹介します。


福利厚生プラン(養老保険)【1/2損金】

FWD富士生命の「福利厚生プラン(養老保険)」は役員・従業員退職金や弔慰金準備制度として福利厚生を充実させながら、節税対策を行うことができる養老保険の法人保険契約プランです。

法人を契約者・満期保険金受取人、被保険者を従業員、死亡保険金受取人を従業員の遺族とする法人保険契約の保険料は、福利厚生費として1/2が損金算入できます。


総合福祉団体定期保険(有配当/無配当)【全損】

FWD富士生命の「総合福祉団体定期保険」は、企業福利厚生規程(弔慰金・死亡退職金制度)に基づいて、従業員に万一のことがあった場合に遺族の生活保障を行う、1年更新の法人保険です

従業員の福利厚生制度の充実となるとともに、法人保険契約の保険料は、福利厚生費として全額損金となるため、節税対策ともなります。

保険金の支払実績に応じて保険期間終了後に配当金が支払われる「有配当型」と、配当がなく保険料が割安な「無配当型」があります。配当の金額によっては、「無配当型」の実質的な保険料が必ずしも割安となるとは限りませんが、保険料支払時に保険料が確定するため、経理処理は楽になります。

FWD富士生命の「無配当総合福祉団体定期保険」は、他社と比較しても競争力の高い法人保険商品であり、無配当型の総合福祉団体定期保険を検討するのであれば、FWD富士生命を候補に入れることをおすすめします。


FWD富士生命は競争力のある商品を保有

FWD富士生命は、保険会社の中では比較的新しい会社ですが、他社にはないユニークな保険商品を開発・提供していることが高く評価されています。

また、FWD富士生命は、法人保険分野においても独自性と高い競争力を持っており、法人保険を検討する際には選択肢に加えておきたい保険会社のひとつです。

企業のニーズにあわせて、FWD富士生命の法人保険を活用していきましょう。



忙しい経営者ほど、法人保険のプロに相談し、保障と節税効果を得ています。

「法人保険プレミアコンシェルジュ」とは?

法人保険への加入を検討している経営者の皆様が抱えるお悩みを解決し、最適な法人保険を選べるようあなたの会社に寄り添ったご提案を致します。法人保険がどんなものか、メリット・デメリット、人気の商品情報など無料でご相談頂けます。



中小企業に特化した提案が特徴

中小企業に特化した保険代理店「ほけんのぜんぶ」と提携して、無料相談サービスを展開。これまでの実績をもとに、27社の保険会社から「経営者の会社」、「個人資産」、「家族」の安全に対して最適なご提案を致します。また、全国16拠点で展開しているので、決算前でお急ぎの方や、地方の方でもすぐにお伺いすることができます。



万全のアフターフォロー

法人保険のプロフェッショナルだからこそ、契約後のアフターフォローを重視しています。お客様に対して、「ほけんのぜんぶ」全社で対応するので、専属の担当者が辞めてしまいフォローがストップしてしまうという心配は一切ございません。解約返戻金を適切な時期に行い、確実に節税効果を生み出します。




WEBからご相談内容をお送りいただくと、内容に合わせ、これまでのノウハウを元におすすめできる保険の種類や出口戦略をご提案し、一緒に最適な保険を選んでいきます。

また、具体的な商品が決まっていなくても法人保険の基本的なことからご相談頂けますので、まずはお気軽にご相談下さい。


お電話の方はこちら
(0120-912-965)

※24時間365日対応
※電話発信機能がない場合には、ボタンをクリックしても電話ができません。







関連記事

  1. 第一生命の法人保険 第一生命

    第一生命は、日本を代表する生命保険会社のひとつです。各種法人保険を取り扱っており、法人保険を検討する際にも候補…

  2. 東京海上日動あんしん生命の全損保険 東京海上日動あんしん生命

    東京海上日動あんしん生命は、東京海上グループにおける中核企業である生命保険会社です。東京海上日動あんし…

  3. オリックス生命のメリット オリックス生命

    大型保障が備わる法人保険は毎月の保険料が高額になりがち。先のことを見据えれば法人としての備えが必要だと…


おすすめの法人保険

法人保険の基本情報

法人保険の種類

保険の節税効果

保険活用テクニック

法人税の基本

相続・事業継承

その他節税対策

企業向け保険会社一覧

会社設立

PAGE TOP