貯蓄性の高い法人保険について説明

商品一覧

三井住友海上あいおい生命保険「逓増定期保険」保険内容を解説!

資金形成 貯蓄

解約返戻率100%超え!資金形成するなら逓増定期保険

三井住友海上あいおい生命保険の逓増定期保険は、貯蓄性が抜群の保険です。

なんと解約返戻率が100%を超えるケースもあり、節税効果を出しながら経営者や役員に対する高額な退職金を準備したいとお考えの際にはぴったりです。

今回は、そんな三井住友海上あいおい生命保険の逓増定期保険について、保険内容や、具体的な契約例を挙げながらの保険料と解約返戻金の説明をしていきます。

逓増定期保険をご検討の方は、ぜひ読んでいただければ幸いです。


ご相談・資料請求は
こちら
(無料)
※総合保険代理店「ほけんのぜんぶ」のページへ遷移します。
24時間365日対応しています。



三井住友海上あいおい生命保険 逓増定期保険

三井住友海上あいおい生命保険の「逓増定期保険」は、一定期間経過後から保険金が増加していき、最終的に当初の保険金額の最大5倍まで膨らむという生命保険の一種です。

保険金額がどれだけの割合で増えていくのか(逓増率)については、ニーズに合わせて選択することができます。逓増率によって保険料も変わるため、自社の状況に沿って保険を設定できる点は、活用しやすいポイントでしょう。

逓増定期保険の特徴としては、解約返戻率が比較的早い段階でピークを迎える点があります。

ピーク時期を過ぎると解約返戻金は減少し、満期を迎えると返戻金は無くなってしまうため、ピーク時期をきちんと把握して解約をすることが重要です。

特に、三井住友海上あいおい生命保険の逓増定期保険は、契約年数によっては解約返戻率が100%を超えるケースもある、貯蓄性の高い保険商品です。

この貯蓄性の高さを十分に活用するには、解約のタイミングを逃さないようにすることが最も重要です。

法人保険で皆さんが気にする項目である保険料の損金算入についてですが、保険加入の年齢や保険期間によって変わってきます。

主に1/2損金1/3損金のタイプに分かれますが、こちらは後ほど詳しく説明します。

以上が、三井住友海上あいおい生命保険の「逓増定期保険」の特徴でした。では、次に保険内容の概要を説明していきます。


基本内容

                       
商品名逓増定期保険
引受
保険
会社
三井住友海上
あいおい生命保険
契約
形態
契約者:法人
被保険者:経営者/役員
死亡保険金受取人:法人
保険
期間
45歳満期~90歳満期まで
選択可能
契約
年齢
70歳まで
保険料
払込
期間
保険期間と同じ期間
払込
方法
月払・年払・半年払から選択
付加
できる
特約
・災害割増特約
・新傷害特約


支給される保険金

死亡保険金被保険者が死亡したときに、
各保険年度ごとの死亡保険金が
支給される
高度障害保険金 被保険者が所定の高度障害状態になったときに、各保険年度
ごとの高度障害保険金が
支給される



付加できる特約

災害割増特約
不慮の事故、もしくは所定の特定感染症で180日以内に死亡、または所定の高度障害状態になったとき、特約で保障される金額が支払われる。


新傷害特約
不慮の事故、もしくは所定の特定感染症で180日以内に死亡したとき、または不慮の事故で180日以内に所定の障害状態になったときに、特約で保障される保険金が支払われる。


逓増定期保険のポイント

ここからは、「逓増定期保険」について、おすすめポイントを2つに分けて解説していきます。


ポイント①柔軟に設定できる保険プラン

三井住友海上あいおい生命保険の逓増定期保険のポイントは、ニーズにあわせて保障額の逓増開始時期や、保険金額の逓増率を設定することができる点。

これによって、自社の経営計画において資金が必要になるタイミングと、返戻率のピークを合わせやすくなるのです。

一般的に、逓増定期保険の解約返戻率のピークは5年~10年と早い段階にくる保険商品が多いですが、三井住友海上あいおい生命保険の逓増定期保険では、保険プランによっては15年~20年にピークがくることもあります。

例えば経営者や役員の退職金準備として活用したい場合には、彼らの退職のタイミングに合わせて保険を設計し貯蓄をしながら、年々をとるごとに高まる死亡リスクに対しても十分に備えることができるので、非常に有用な保険と言えるでしょう。


ポイント②高い貯蓄性

先ほども少し説明しましたが、三井住友海上あいおい生命保険の逓増定期保険は、保険プランによっては解約返戻率が100%を超える場合があります。

これは、解約した際に手元に戻ってくる金額が、今まで払い込んだ保険料の金額よりも大きくなるということなので、資金を貯める上で非常に嬉しいポイントでしょう。

ただし、解約返戻金が支払われた際には、雑所得として課税される場合があるので、解約返戻金を得た年度に損金として計上できるような支出が発生するイベント(役員・経営者の退職、投資など)を用意しておかなければならないということは覚えておきましょう。


保険料の税務処理について

ここでは、保険料の税務処理の仕方、保険料の損金算入について説明します。

三井住友海上あいおい生命保険の逓増定期保険では、保険加入時の年齢、保険期間の長さによって保険料のどれだけを損金として計上できるかが異なります。

具体的な条件は、下記のようになっています。

※この表は横にスクロールできます
               
区分 損金計上割合
保険期間満了時の被保険者の年齢>45歳
※②、③に該当するケースを除く
保険期間の前半60%に相当する期間
保険料の1/2損金計上
保険期間満了時の被保険者の年齢>70歳
かつ、保険加入時の年齢+保険期間×2>95
※③に該当するケースを除く
保険期間の前半60%に相当する期間
保険料の3/1損金計上
保険期間満了時の被保険者の年齢>80歳
かつ、保険加入時の年齢+保険期間×2>120
保険期間の前半60%に相当する期間
保険料の4/1損金計上
※上記の税務処理は、個々の契約によって変わることがあります。税務取扱の詳細については、税理士等専門家にご確認下さい。
また、保険に加入をする際にも、保険の営業マン等にそれぞれの型における損金計上についてご確認下さい。

なお、保険期間の後半40%については、保険料の全額を損金算入、かつ保険期間の当初60%で資金計上した保険料の追啓額を、残りの期間で均等に取り崩して損金算入します。


保険料と解約返戻金

ここからは、保険料と解約返戻金について、契約例を挙げながら試算してみましょう。

契約例1

変動率型・逓増率0%
第13保険年度以降50%タイプ
(保険加入13年後から保険金が50%ずつ増加していく)
契約年齢:50歳 男性
基本保険金額:1億円
前期期間:13年
 後期期間の逓増率:50%
保険期間・保険料払込期間:72歳まで

年払保険料:8.5百万円


経過年数年齢保険金額払込保険料累計解約返戻金解約返戻率
1年51歳100
百万円
8.5
百万円
6.3
百万円
74.4%
2年52歳100
百万円
17.0
百万円
14.2
百万円
83.6%
5年55歳100
百万円
42.4
百万円
38.3
百万円
90.2%
10年60歳100
百万円
84.9
百万円
80.5
百万円
94.8%
12年62歳100
百万円
101.8
百万円
98.0
百万円
96.2%
13年63歳150
百万円
110.3
百万円
106.1
百万円
96.1%
14年64歳225
百万円
118.8
百万円
112.4
百万円
94.5%
15年65歳337.5
百万円
127.3
百万円
114.8
百万円
90.1%
20年70歳500
百万円
169.7
百万円
52.5
百万円
30.9%
21年71歳500
百万円
178.2
百万円
28.8
百万円
16.1%
22年72歳500
百万円
186.7
百万円
0百万円0%
※保険料は契約内容や契約年齢によって変わります。保険料の詳細については、保険取扱店にお問い合わせ下さい。



契約例2

変動率型・逓増率0%
第5保険年度以降8%タイプ
(保険加入5年後から保険金が8%ずつ増加していく)
契約年齢:50歳 男性
基本保険金額:1億円
前期期間:5年間
 後期期間の逓増率:8%
保険期間・保険料払込期間:85歳まで

年払保険料:13.0百万円


経過年数年齢保険金額払込保険料累計解約返戻金解約返戻率
1年51歳100
百万円
13.0
百万円
10.6
百万円
81.0%
3年53歳100
百万円
39.0
百万円
35.9
百万円
91.9%
4年54歳100
百万円
52.1
百万円
48.8
百万円
93.7%
5年55歳108
百万円
65.1
百万円
61.9
百万円
95.1%
6年56歳116.6
百万円
78.1
百万円
75.1
百万円
96.1%
10年60歳158.7
百万円
130.1
百万円
128.8
百万円
98.9%
15年65歳233.2
百万円
195.2
百万円
196.8
百万円
100.8%
20年70歳342.6百万円260.3百万円259.8百万円99.8%
21年71歳370
百万円
273.3
百万円
270.0
百万円
98.8%
30年80歳500
百万円
390.4
百万円
248.5
百万円
63.6%
35年85歳500
百万円
455.4
百万円
0百万円0%
※保険料は契約内容や契約年齢によって変わります。保険料の詳細については、保険取扱店にお問い合わせ下さい。


特に契約例2を見ていただくと、契約後15年で解約返戻率が100%を超えています。契約例1を見ても、返戻率100%には達していませんが、ピーク時の解約返戻率は90%後半とかなり高い値になっています。

このように、貯蓄性に優れた保険内容になっているため、大きな資金が必要になるタイミングに合わせて保険を設計すると、しっかり資産形成ができるでしょう。

しかし、逓増定期保険は保険金額が増加していく分、支払う保険料も高額という点は押さえておく必要があります。

逓増定期保険加入を検討する際には、保険料を払えるだけのキャッシュフローを確保することが必須です。


こんな方におすすめ

三井住友海上あいおい生命保険の「逓増定期保険」は、以下のような経営者に向いています。

  1. 15年後~20年後くらいのタイミングで退職を考えている経営者の方
  2. 資産形成効果を重視している経営者の方
  3. 高額な保険料を支払っていけるような安定したキャッシュフローを持つ経営者の方

上記のような経営者の方は、ぜひ三井住友海上あいおい生命保険の「逓増定期保険」をご検討してみてはいかがでしょうか?

この保険に興味のある方は、下記のボタンよりお問い合わせいただけます。
お気軽にお問い合わせください。

ご相談・資料請求は
こちら(無料)
※総合保険代理店「ほけんのぜんぶ」のページへ遷移します。
24時間365日対応しています。


忙しい経営者ほど「保険のプロ」に相談し、保障と節税効果を得ています。
問い合わせ 問い合わせ
法人保険のメリットを最大限享受するためには、専門家の知識をもとに保険を選ぶことがベスト。

目的に合った法人保険を選ぶには、会社の経営計画や保険料、損金、解約返戻金など、様々な要素をいっぺんに考える必要があります。この複雑さが、皆様の頭を悩ませる大きな原因でしょう。

当サイトでは、そんな皆様のお悩みを解決するため、保険や税の専門知識をもつ法人保険のプロが、本当に最適な保険を選ぶための力になります。ぜひご活用ください。


※お電話でもご相談を受け付けております» 0120-912-965





あわせて読みたいおすすめ記事

  1. 日本生命「スーパーフェニックス」

    日本生命の人気No1 長期定期保険「スーパーフェニックス」日本生命は数多くの保険商品を販売していま…

  2. 保険料 割安 東京海上日動あんしん生命「長割り定期」

    割安な保険料で必要な保障をしっかり準備できる保険しっかりした保障がほしい、資金形成もきちんとしたい…

  3. エヌエヌ生命「逓増定期保険」

    「経営リスクに備えつつ、短期間での資金形成に向いた保険」エヌエヌ生命の「定期保険/低解約返戻金型逓増定…




おすすめの法人保険

法人保険の基本情報

法人保険の種類

生命保険

損害保険

保険の節税効果

保険活用テクニック

法人税の基本

相続・事業継承

その他節税対策

企業向け保険会社一覧

商品一覧

会社設立

PAGE TOP