法人向けのがん保険商品を解説!

商品一覧

アフラック「生きるためのがん保険Days1」法人向けに紹介!

※当記事での法人保険の保険料の損金算入割合等の税務上の扱いに関する記載は、2018年12月以前の国税庁の通達を前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルール案を公表しており、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、新しいルールによる運営が行われることになっております。詳細は国税庁・金融庁・各保険会社が公表する内容をご参照ください。

なお、当サイトでも新ルールの内容につきましては「【節税保険が販売停止】国税庁の新ルールを解説」で詳しく解説していますので、ご確認下さい。

※2019年6月25日更新 法人契約のがん保険や医療保険について、全額損金算入できる保険料の範囲が1契約当たり年間30万円までに制限される可能性があります。

長期・短期ともにがん治療を保障!ユニークな特約が魅力のがん保険

CMでもおなじみのアフラックのがん保険「生きるためのがん保険Days1」

知名度もさることながら、ユニークな特約を備えており福利厚生の充実にはぴったりな保険です。

その上、契約の形態によっては保険料の全額を損金に算入することができ、税制上のメリットも期待できます。

このページでは、アフラックの「生きるためのがん保険Days1」について、保険内容の概要から保険料の試算まで、経営者の方が求める情報を網羅しました。

がん保険の加入を検討している経営者の方は、ぜひ御覧ください。


ご相談・資料請求は
こちら
(無料)
※総合保険代理店「ほけんのぜんぶ」のページへ遷移します。
24時間365日受付しています。



アフラック 生きるためのがん保険Days1

アフラックの「生きるためのがん保険Days1」は、短期・長期どちらのがん治療にも備えられる終身がん保険です。

契約プランは、スタンダードプラン、ベースプラン、レディースプランの3つから選ぶことができ、レディースプランは特に女性に特有のがん(子宮がんや乳がん等)をカバーした内容になっています。

主契約自体は終身ですが、特約は定期更新のものがあるため、自分に必要な特約を見極めて加入することができます。ただし、定期更新の特約は更新ごとに保険料も上がっていくため、保険料を抑えたいという場合には注意が必要でしょう。

法人契約の場合、商品によりますが、解約返戻金なしタイプを選ぶことで保険料の全額を損金として計上できるため、社員の福利厚生を整えながら税制上のメリットにも繋がります。

また、保険料を終身払込ではなく一定の期間で払済にすることによって、保険料を全て払い込んだあとに、わずかではありますが解約返戻金を受け取ることもできます。

そのため、法人契約をして法人が保険料を全て払込み、従業員の退職にあわせて名義を従業員へ変更、保険を退職金代わりに譲渡するという活用方法も多いです。

以上が、アフラックの「生きるためのがん保険Days1」の簡単な特徴でした。ここからは、保険内容について詳細を見ていきましょう。


基本内容

                               
商品名生きるためのがん保険Days1
引受
保険
会社
アフラック
契約
形態
契約者:法人
被保険者:従業員/役員(親族を含む)
給付金受取人:法人/被保険者
保険
期間
終身
契約
年齢
0歳~満85歳
保険料
払込
回数
月払・半年払・年払から選択
保険料
払込
期間
60歳半額、60歳払済、
終身払い込みから選択
付加
できる
特約※
・特定診断給付金特約
・手術・放射線治療特約
・抗がん剤・ホルモン剤治療特約
・がん先進医療治療特約
・診断給付金複数回支払特約
・特定保険料払込免除特約
・女性がん特約
・外見ケア特約
・緩和療養特約
※特約は、契約プランによっては最初から付加されている場合があります。
※上記の内容は、個別取扱での概要です。団体取扱の場合には、上記の内容とは違う場合があります。



特約と選択できるプラン


特約

スタンダードプラン、入院給付金日額10,000円の場合の保障金額を示しています。

※この表は横にスクロールできます

保障内容/特約 支払事由
診断給付金 初めて「がん」と診断されたとき、一時金として50万円支給。
初めて「上皮内新生物」と診断確定されたとき、一時金として5万円支給。
特定診断給付金
(特定診断給付金特約)
「がん」の治療のための入院や通院が所定の条件に該当したとき、
一時金として50万円支給。
入院給付金 「がん」「上皮内新生物」の治療を目的とする所定の治療のために入院したとき、
1日につき1万円支給。
通院給付金 「がん」「上皮内新生物」の治療を目的とする所定の治療のために通院したとき、
1日につき1万円支給。
手術治療給付金
(手術・放射線治療特約)
「がん」「上皮内新生物」の治療を目的とする所定の手術受けたとき、
1回につき20万円を支給。
(手術は14日に1回が支払限度)
放射線治療給付金
(手術・放射線治療特約)
「がん」「上皮内新生物」の治療を目的とする所定の放射線治療を受けたとき、
1回につき20万円を支給。
(治療は60日に1回が支払限度)
抗がん剤治療給付金
(抗がん剤・ホルモン剤治療特約)
「がん」の治療を目的とする所定の抗がん剤治療を受けたとき、
1回につき10万円もしくは5万円を支給。
ホルモン剤治療給付金
(抗がん剤・ホルモン剤治療特約)
「がん」の治療を目的とする所定のホルモン剤治療を受けたとき、
1回につき10万円もしくは5万円を支給。
がん先進医療給付金
(がん先進医療特約)
「がん」の診断や治療の際に所定の先進医療を受けたとき、
先進医療にかかる技術料のうち自己負担した金額と同額を支給。
(通算2,000万円まで)
がん先進医療一時金
(がん先進医療特約)
がん先進医療給付金が支払われる療養を受けたとき、
15万円を1年間に1回支給。
複数回診断給付金
(診断給付金複数回支払特約)
初めて「がん」「上皮内新生物」と診断確定された、
もしくは前回の複数回診断給付金を支給された
月の初日から2年以上経過後に、所定の条件に該当したとき
保険料払込免除
(特定保険料払込免除特約)
初めて「がん」と診断確定された月の初日から
次のいずれかに該当したとき、保険料の払込が免除される。
①2年以内にがんの治療を目的とする入院と所定の通院の合計が30日に達したとき
②2年以上経過後に「がん」と診断確定されていて、
がんの治療を目的に入院または所定の通院をしていること
女性特定ケア給付金
(女性がん特約)
「がん」の治療を目的とする乳房観血切除術、子宮全摘出術、
卵巣全摘出術のいずれかを受けたとき、1回につき20万円を支給。
乳房再建給付金
(女性がん特約)
上記の乳房観血切除術を受けた乳房について、乳房再建術を受けたとき、
1回につき50万円を支給。
外見ケア給付金
(外見ケア特約)
「がん」の治療を目的とする次の①もしくは②のいずれかの手術を受けたとき
①顔または頭部に生じた「がん」の摘出術または切除出
②手指または足指の第一関節以上の切断術(四肢切断術を含む)
「がん」の治療を直接の原因として、頭髪に脱毛の症状が生じたと医師に診断されたとき
緩和療養給付金
(緩和療養特約)
「がん」により、次の①から③のいずれかに該当したとき
①がん性疼痛緩和を目的とする所定の治療がされる入院または通院をしたとき
②がん性疼痛等の各種病状の緩和を目的とする所定の緩和ケア病棟へ入院したとき
③がん性疼痛等の各種病状の緩和を目的とする所定の在宅医療を受けたとき


加入できるプラン

●は契約時にプランに組み込まれている特約、○は付加できる特約です。

保障内容/特約 スタンダードプラン ベースプラン レディースプラン
診断給付金
入院給付金
通院給付金
特定診断給付金特約
手術・放射線治療特約
抗がん剤・ホルモン剤治療特約
がん先進医療特約
診断給付金複数回支払特約
特定保険料払込免除特約
女性がん特約
外見ケア特約
緩和療養特約


アフラック 生きるためのがん保険Days1のおすすめポイント

ここからは、「生きるためのがん保険Days1」について、おすすめポイントを2つに分けて解説していきます。


ポイント①
払込期間の設定で保険を退職金代わりに

「生きるためのがん保険Days1」では、払込期間をいくつかの種類から選ぶことができます。

払込期間の詳細については、下記を御覧ください。

定額
タイプ
契約時から終身まで保険料が定額のタイプ
60歳
半額
タイプ
満60歳の誕生日を迎える
年単位の契約応当日から、終身までの保険料が半額になるタイプ
60歳
払済
タイプ
満60歳の誕生日のあとに迎える年単位の契約応当日から保険料の負担はなし
※上記の払込期間は、個別取扱の場合です。


払込期間によって保険料が大きく異なるため注意が必要ですが、自社の経済状況や将来のプランに応じて無理なく保険料の支払いができるというメリットがあるでしょう。

また、先ほども少し説明しましたが、法人契約では保険料払済タイプで契約し、従業員の退職に合わせて退職金かわりに名義変更した保険を譲渡するケースがあります。

というのも、がん保険を払済タイプで契約した場合、保険料を払い込んだあとも保障は一生涯続きます。

また、払済後に保険を解約すると、商品によりますが、保障はなくなるかわりに一定の解約返戻金が支給されるため、保険を譲渡された従業員としては、一生涯の保障もしくは解約返戻金を手に入れることができるのです。

しかし、解約返戻金があるといっても、一般的にがん保険の解約返戻金は低めに設定されていることもあるので注意が必要です。契約プランによって解約返戻金は異なるため、具体的な金額は保険の営業マンに確認するようにしましょう。


ポイント②
がん治療をサポートする特約

アフラックの「生きるためのがん保険Days1」の特徴として、特約の中に「外見ケア特約」と「緩和療養特約」※があることが挙げられます。
※個別取扱の場合。

特に、外見ケア特約は他の保険会社には見られない、珍しい特約です。

がんによる治療は、脱毛など目立った外見の変化を伴う場合がよくあるということは、皆さんもご存知かと思います。もし脱毛を隠すためにウィッグを買うとなると、金銭的な負担が発生します。

自分ががんになった場合を考えた時、このような負担をカバーしてくれる特約があるというのは、保険加入者にとって精神的にも金銭的にも心強いでしょう。


保険料の損金計上について

さて、ここまで保険内容のおすすめポイントを説明してきました。ここでは、経営者の皆さんが気にするだろう保険料の損金算入について説明します。

もちろん、がん保険はがんに対する保障を目的とした保険であるため、保険料の損金算入に寄る税制上のメリットはあくまで副次的な効果と考えるべきです。しかし、なるべく資金をうまくやりくりしたい経営者にとっては、法人保険による税制上のメリットは重要なポイントでしょう。

アフラックの「生きるためのがん保険Days1」では、解約返戻金なしタイプを選んだ場合、保険料の全額を損金として計上することが可能です。ただし、損金として計上するには、社内の福利厚生規定をきちんと整える必要があるため、加入の際に注意が必要です。

また、給付金の受け取りが従業員・役員になっている場合には、給付金が支給された際に従業員・役員に所得税が課される場合があります。

これらの点を踏まえた上で、きちんと保険料の経理処理をしましょう。


保険料と解約返戻金

ここでは、実際に保険に契約した際の保険料について、契約例を挙げて試算してみましょう。


契約例

スタンダードプラン
入院給付金額:10,000円
解約返戻金なしタイプ 個別取扱
※契約時にプランに組み込まれている特約以外は付加していません。


契約年齢定額タイプ60歳半額60歳払済
満30歳3,394円3,994円5,574円
満35歳4,084円4,964円7,244円
満40歳5,025円6,285円10,245円
満45歳6,316円8,276円15,576円
満50歳8,128円11,448円25,338円
※保険料は契約によって変わります。保険料の詳細については、保険取扱店にお問い合わせ下さい。



ベースプラン
入院給付金額:5,000円
解約返戻金なしタイプ 個別取扱
※契約時にプランに組み込まれている特約以外は付加していません。


契約年齢定額タイプ60歳半額60歳払済
満30歳1,803円2,138円3,053円
満35歳2,153円2,633円3,963円
満40歳2,593円3,303円5,563円
満45歳3,188円4,248円8,423円
満50歳4,003円5,733円13,638円
※保険料は契約によって変わります。保険料の詳細については、保険取扱店にお問い合わせ下さい。



レディースプラン
入院給付金額:10,000円
解約返戻金なしタイプ 個別取扱
※契約時にプランに組み込まれている特約以外は付加していません。


契約年齢定額タイプ60歳半額60歳払済
満30歳3,558円4,208円5,738円
満35歳4,398円5,308円7,558円
満40歳5,430円6,690円10,390円
満45歳6,333円8,113円14,643円
満50歳7,111円9,721円21,701円
※保険料は契約によって変わります。保険料の詳細については、保険取扱店にお問い合わせ下さい。



こんな方におすすめ

アフラックの「生きるためのがん保険Days1」は、以下のような経営者に向いています。

  1. すでに福利厚生として医療保険を活用しているが、更に福利厚生を充実させたいと思っている経営者の方
  2. 保険料を損金に算入して、目先の法人税を減らしたい経営者の方

がん保険は、あくまでがんのみの保障に特化しているため、福利厚生の充実面で見た時に少し物足りない可能性があります。そのため、もともと福利厚生として医療保険を用意してあって、更に充実させるためにがん保険を追加するという場合に向いているでしょう。

また、保険料の損金算入に関しては条件を満たせば、解約返戻金がないタイプに契約した際に全額を損金算入できるということを覚えておきましょう。

「生きるためのがん保険Days1」に興味のある方は、下記のボタンよりお問い合わせいただけます。

ぜひご活用下さい。

ご相談・資料請求は
こちら(無料)
※総合保険代理店「ほけんのぜんぶ」のページへ遷移します。
24時間365日受付しています。


当サイトの記事は生命保険・損害保険に関する情報提供を目的としており、保険契約の勧誘を行うために作成したものではございません。実際に各種保険にご加入されるにあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご自身でご確認ください。また法人向け定期保険等は、被保険者に万が一のことがあった場合に、保険金を事業保障資金等の財源としてご活用いただくための「死亡保障」等を念頭に置いた保険商品であるため、当サイトでは「払込保険料の損金算入による法人税額等の圧縮」および「短期間での中途解約」のみを目的とする加入等、保険本来の趣旨を逸脱するような加入を推奨しておりません。当サイトで紹介している情報は、私たちが信頼できると判断した情報を基にしておりますが、その情報が確実であることを保証するものではございません。また掲載されている情報は2018年12月以前の情報を基にしているため、現在の事実と相違している可能性がございます。当サイトの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご理解をお願い致します。また当サイトで記載している内容につきましては、予告なしに変更する場合がございます。
忙しい経営者ほど「保険のプロ」に相談し、保障と税効果を得ています。
問い合わせ
法人保険のメリットを最大限享受するためには、専門家の知識をもとに保険を選ぶことがベスト。

目的に合った法人保険を選ぶには、会社の経営計画や保険料、損金、解約返戻金など、様々な要素をいっぺんに考える必要があります。この複雑さが、皆様の頭を悩ませる大きな原因でしょう。

当サイトでは、そんな皆様のお悩みを解決するため、保険や税の専門知識をもつ法人保険のプロが、本当に最適な保険を選ぶための力になります。ぜひご活用ください。


※お電話でもご相談を受け付けております≫ 0120-912-965





あわせて読みたいおすすめ記事

  1. ソニー生命 養老保険 ソニー生命「特殊養老保険」

    福利厚生を充実させながら税金対策もできる!退職金準備にはぴったりの保険養老保険を検討されて…

  2. 生命保険 広範囲 三井住友海上あいおい生命保険「新医療保険Aプレミア」

    充実した特約が魅力!がん・介護もしっかりカバーできる医療保険会社の資金に余裕が出てきた時、福利…

  3. 保険料 割安 東京海上日動あんしん生命「長割り定期」

    東京海上日動あんしん生命の「長割り定期」は現在販売が停止されています。割安な保険料で必要な保障をし…


おすすめの法人保険

法人保険の基本情報

法人保険の種類

生命保険

損害保険

保険の税金対策

保険活用テクニック

法人税の基本

相続・事業承継

その他税金対策

保険会社一覧

商品一覧

会社設立

未分類

当サイトは、中小企業に強い保険代理店「ほけんのぜんぶ」と提携し、経営者の会社・個人資産・家族に最適な法人保険をお届けしています。

お問合せはこちら
PAGE TOP