おすすめの終身医療保険商品を紹介

商品一覧

チューリッヒ生命の「終身医療保険DX」がおすすめ!保障を解説

医療保険 安い

※当記事での法人保険の保険料の損金算入割合等の税務上の扱いに関する記載は、2018年12月以前の国税庁の通達を前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルール案を公表しており、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、新しいルールによる運営が行われることになっております。詳細は国税庁・金融庁・各保険会社が公表する内容をご参照ください。

なお、当サイトでも新ルールの内容につきましては「【節税保険が販売停止】国税庁の新ルールを解説」で詳しく解説していますので、ご確認下さい。

※2019年6月25日更新 法人契約のがん保険や医療保険について、全額損金算入できる保険料の範囲が1契約当たり年間30万円までに制限される可能性があります。

自由に保険をカスタマイズできる!保険料を抑えたいなら終身医療保険プレミアムDX

チューリッヒ生命の終身医療保険プレミアムDXは、自分のニーズに合わせて保険を設計し、保険料を安く抑えたいという経営者の方におすすめの保険です。

基本保障が入院・手術の保障のみとなっており、任意で付加できる特約が充実しているため、保障を手厚くしたい場合にも対応できる柔軟な保険として活用することができます。

このページでは、終身医療保険プレミアムDXについて、保険内容・特約の概要から、保険料の試算まで、保険加入を検討する際に必要な情報をお届けいたします。

医療保険を検討している経営者の方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。


チューリッヒ生命 終身医療保険プレミアム

チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」は、「基本プラン」「あんしんプラン」「自由設計プラン」の3つのプランから、ニーズに合わせて必要な保障が選べる医療保険です。

主契約の基本保障では、入院・手術・放射線治療をカバー、特約をつけることで先進医療や退院後の通院、またストレス性疾病に対する保障も得られるのです。

ストレス性疾病に対する特約が用意されている医療保険はなかなか珍しく、終身医療保険プレミアムDXの大きな特徴と言えるでしょう。

以上が、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアム」の簡単な説明でした。では、保険内容の概要を見ていきましょう。


基本内容

                   
商品名終身医療保険プレミアム
引受
保険
会社
チューリッヒ生命
契約
形態
契約者:法人
被保険者:経営者/役員/従業員
保険
期間
終身
契約
年齢
満6歳~75歳
取扱保険
金額
入院給付金として1日あたり5,000円~15,000円より選択
保険料
払込
期間
10年、55歳払済、60歳払済、65歳払済、70歳払済、75歳払済、終身から選択
払込
回数
月払・年払から選択
付加
できる
特約
・先進医療特約
・3大疾病保険料払込免除特約
・7大疾病延長入院特約
・ストレス性疾病延長入院特約
・3大疾病診断給付金特約
・退院後通院特約
・ストレス性疾病保障付
就業不能保障特約
・入院一時金特約
・終身保険特約
・リビング・ニーズ特約


基本保障で支給される保険金

※入院給付金:5000円で設定した場合

※この表は横にスクロールできます
保険金支払事由支給金額
入院給付金 被保険者が、病気・ケガで所定の条件のもと入院したとき 入院1日につき5,000円
(支払限度:30日。通算1,095日まで。)
手術給付金 被保険者が、病気やケガにより
所定の手術・骨髄移植術を受けたとき
1回につき5万円
(所定の条件のもと回数無制限)
放射線治療
給付金
被保険者が、病気・ケガの治療を直接の目的として
所定の放射線治療を受けたとき
1回につき5万円
(所定の条件のもと回数無制限)



付加できる特約


※この表は横にスクロールできます
特約支払事由
先進医療特約 所定の先進医療による療養を受けたとき、先進医療にかかわる技術料と、
所定の交通費・宿泊費が支払われる
3大疾病保険料払込免除特約 3大疾病(悪性新生物、急性心筋梗塞もしくは脳卒中)で
所定の状態になったとき、以降の保険料の払込が免除される
7大疾病延長入院特約 1回の入院の支払限度、または通算支払限度に到達した日の翌日以降に、
7大疾病の治療を目的として入院した時、入院日数無制限で給付金が支払われる
ストレス性疾病延長入院特約 所定のストレス性疾病の場合、入院給付金について、
1回の入院の支払限度日数が365日に拡大する
(通算の支払限度は1095日)
3大疾病診断給付金特約 所定の条件のもと、3大疾病と診断されたとき、
回数無制限で給付金が支払われる
退院後通院特約 所定の条件のもと、退院後の翌日から入院の原因となった病気やけがの
治療を目的として通院したとき、給付金が支払われる
ストレス性疾病保障付
就業不能保障特約
所定の就業不能状態等や不慮の事故による障害状態に該当したとき、
または所定のストレス性疾病による入院が継続したときに給付金が支払われる
入院一時金特約 基本保障の入院給付金が支払われる入院を開始したとき、
所定の入院一時金が支払われる
終身保険特約 被保険者が死亡、または所定の楮障害状態になったとき、所定の保険金が支給される
リビング・ニーズ特約 被保険者の余命が6ヶ月以内と判断される場合に
死亡保険金の全部または一部が支払われる



加入できるプラン


※この表は横にスクロールできます
保障内容/特約 基本プラン あんしんプラン 自由設計プラン
入院給付金 1日につき5,000円
(30日型)
1日につき10,000円
(60日型)
1日につき5,000円~15,000円から選択
(30日/60日・120日型)
手術給付金・
放射線治療給付金
各5万円 各5万円 所定の設定金額から選択
ストレス性疾病延長入院特約 任意で付加可能
7大疾病延長入院特約 任意で付加可能
先進医療特約 任意で付加可能
退院後通院特約 任意で付加可能
3大疾病診断給付金特約 任意で付加可能
3大疾病保険料払込免除特約 任意で付加可能
入院一時金特約 任意で付加可能
ストレス性疾病保障付
就業不能保障特約
任意で付加可能
終身保険特約 任意で付加可能



終身医療保険プレミアムDXのおすすめポイント

ここからは、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」について、おすすめポイントを2つに分けて解説していきます。


自分のニーズに合わせたプランの設計

チューリッヒ生命の終身医療保険プレミアムDXでは、ベーシックな保険内容をあらかじめ組んである基本プラン、あんしんプランの他に、自分で保険を設計できる自由設計プランが用意されています。

そのため、自分のニーズに合わない特約には入らずに済み、保険料を安く抑えることができるのです。

特約では、ストレス性の疾病による入院延長や就業不能時のカバーもすることができ、他の保険商品にはあまりみられない有用なものが揃っているため、吟味して付加すると良いでしょう。


解約返戻金を得られる場合がある

チューリッヒ生命の終身医療保険プレミアムDXでは、保険料の払込期間を選ぶことができます。

具体的には、終身と、10年での払込や55歳までの払込などある一定期間で払い込みを完了するといったものです。

一定期間で払い込みを完了するタイプを選ぶと、保険料の払い込みが完了した後にはもう保険料の支払いは必要なく、一生涯の保障を得られます。もしくは、保険料の払い込みが終わったあとに保険を解約することで一定の解約返戻金を手に入れることができる場合があります。

そのため、法人で契約した際には、法人が保険料の払い込みを完了させたあとに従業員に退職金かわりに保険を譲渡するという方法が取れる場合があります。
※上記の名義変更による譲渡が可能かどうかは、保険会社の担当者にご確認下さい。



保険料

ここからは、保険料について、契約例を挙げながら試算してみましょう。


契約例

契約年齢基本プランあんしんプラン
男性女性男性女性
30歳1,557円1,797円3,132円3,567円
35歳1,802円1,987円3,627円3,967円
40歳2,142円2,352円4,297円4,702円
45歳2,602円2,827円5,192円5,637円
50歳3,152円3,437円6,292円6,867円
55歳3,882円4,287円7,782円8,627円
60歳4,722円5,362円9,522円10,922円
65歳5,627円6,517円11,477円13,507円
70歳6,752円8,062円13,942円16,882円
75歳7,947円10,017円16,532円20,932円
※保険料は契約内容や契約年齢によって変わります。保険料の詳細については、保険取扱店にお問い合わせ下さい。


こんな方におすすめ

チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」は、以下のような経営者に向いています。

  1. 病気やケガのリスクに対し、一生涯の保障がほしいと思っている経営者の方
  2. できるだけ保険料を抑えて医療保険に加入したいと考えている経営者の方
  3. 従業員の福利厚生を充実させたいと考えている経営者の方

上記のような経営者の方は、ぜひチューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」をご検討ください。

当サイトの記事は生命保険・損害保険に関する情報提供を目的としており、保険契約の勧誘を行うために作成したものではございません。実際に各種保険にご加入されるにあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご自身でご確認ください。また法人向け定期保険等は、被保険者に万が一のことがあった場合に、保険金を事業保障資金等の財源としてご活用いただくための「死亡保障」等を念頭に置いた保険商品であるため、当サイトでは「払込保険料の損金算入による法人税額等の圧縮」および「短期間での中途解約」のみを目的とする加入等、保険本来の趣旨を逸脱するような加入を推奨しておりません。当サイトで紹介している情報は、私たちが信頼できると判断した情報を基にしておりますが、その情報が確実であることを保証するものではございません。また掲載されている情報は2018年12月以前の情報を基にしているため、現在の事実と相違している可能性がございます。当サイトの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご理解をお願い致します。また当サイトで記載している内容につきましては、予告なしに変更する場合がございます。





あわせて読みたいおすすめ記事

  1. 資金形成 貯蓄 三井住友海上あいおい生命保険「逓増定期保険」

    解約返戻率100%超え!資金形成するなら逓増定期保険三井住友海上あいおい生命保険の逓増定期保険…

  2. 損保ジャパン「サイバー保険Lite」

    あなたもいつ被害を受けるか分からないサイバー攻撃。どんなに企業が万全なセキュリティ対策をしていても、不正な犯罪…

  3. エヌエヌ生命「定期保険Quality」

    「短期間から長期間にかけて経営者をサポートする定期保険」エヌエヌ生命の定期保険は、経営者に必要…


おすすめの法人保険

法人保険の基本情報

法人保険の種類

生命保険

損害保険

保険の税金対策

保険活用テクニック

法人税の基本

相続・事業承継

その他税金対策

保険会社一覧

商品一覧

会社設立

未分類

PAGE TOP