エヌエヌ生命「終身ガン保険(10)」

商品一覧

エヌエヌ生命「終身ガン保険」の特徴を徹底解説

※当記事での法人保険の保険料の損金算入割合等の税務上の扱いに関する記載は、2018年12月以前の国税庁の通達を前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルール案を公表しており、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、新しいルールによる運営が行われることになっております。詳細は国税庁・金融庁・各保険会社が公表する内容をご参照ください。

なお、当サイトでも新ルールの内容につきましては「【節税保険が販売停止】国税庁の新ルールを解説」で詳しく解説していますので、ご確認下さい。

※2019年6月25日更新 法人契約のがん保険や医療保険について、全額損金算入できる保険料の範囲が1契約当たり年間30万円までに制限される可能性があります。

エヌエヌ生命の「終身ガン保険(10)」は現在販売が停止されています。

「従業員だけでなく、経営リスクにも備える保険」


役員や従業員のガン保障だけでなく、経営リスクにも備えられるのがエヌエヌ生命の「終身ガン保険(10)」です。

ここまで聞いて、他の生命保険会社のガン保険でも似たような保障がついている、と思いの経営者の皆様。

なんとエヌエヌ生命の「終身ガン保険」では、ガン以外での死亡時にも保険金を受け取ることができます。

今回は、中小企業の経営サポートに特化したエヌエヌ生命の「終身ガン保険」ついて、その特徴を詳しく解説していきます。


商品概要

まず初めに、エヌエヌ生命の「終身ガン保険」の商品の内容について確認していきましょう。

基本内容

  
商品名 終身ガン保険(10)
引受保険会社 エヌエヌ生命
給付型1型、2型、3型、4型
契約形態契約者:法人 被保険者:従業員 保険金・給付金受取人:法人
保険期間終身
契約年齢 15~75歳
ガン給付金日額 5,000円~60,000円(単位:1,000円)
保険料払込期間 終身
保険料払込経路 口座振替扱、振込扱、団体扱から選択
付加できる特約 指定代理請求特約


支給される給付金または保険金

   
保険金・給付金 支払事由
ガン入院給付金 ガン治療を目的入院した場合
ガン手術給付金ガン治療を目的に所定の手術を行った場合
ガン診断給付金ガンの診断が下され、その治療を理由に入院した場合
ガン高度障害保険金ガンを直接の理由に死亡した場合
死亡保険金 ガン以外が原因で死亡した場合


付加できる特約

指定代理請求特約
こちらは個人契約の際に付加できる特約です。

被保険者が保険金の受取人に設定されている場合に、特別な事情によって当人が保険金の受け取りを行えないことが考えられます。

その場合、指定代理請求特約により、あらかじめ指定しておいた指定代理請求人が保険金の請求を行うことが可能です。


エヌエヌ生命「終身ガン保険」のポイント

エヌエヌ生命の終身ガン保険は、役員・従業員の福利厚生として活用できるうえに、経営リスクにも備えることのできる法人保険だと言えます。

特にガンは、日本では三大疾病として扱われる病気です。
そのため、ガンに対する保障が整っている企業は、福利厚生面で充実していると言えるでしょう。

こちらでは、エヌエヌ生命の「終身ガン保険」について、3つのポイントをご説明します。


定期型より終身型の方がお得?

以下の年齢別がん死亡率のグラフをご覧ください。日本のガンの発病のリスクは60歳を超えて高齢になるほど高まります。

このとき、定期タイプのガン保険に加入している場合は、高齢になるにつれ保険料が増額されていくのが一般的です。

しかし、終身タイプでは、保険期間内の保険料は常に一定の金額。そのため、ガン保険加入は、定期タイプよりも終身タイプの方がお得だと言える場合もあります。


■年齢別がん死亡率
年齢別がん死亡率
参考:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」



福利厚生を充実化させながら税制上のメリットにも期待ができる

エヌエヌ生命の「終身ガン保険」は、ガン以外が原因となった死亡に対しても死亡保険金が支払われるので、保障範囲が他の保険会社よりも幅広いことがメリットとして挙げられます。

また、終身タイプの保険ではありますが、エヌエヌ生命の「終身ガン保険」では、105歳を計算上の保険期間満了時として見なしております。

これにより、保険期間の前半5割期間は保険料の1/2の金額を、後半の残りの期間では保険料全額を税務上で損金算入することが可能です。

この税務上の特徴から「終身ガン保険」は、一般的な法人向けの医療保険に比べ、法人税の負担を軽くしつつ、役員用の退職金準備などの資産形成に向いていると言えます。

手厚い保障、節税効果を考えた場合には、ぜひエヌエヌ生命の「終身ガン保険」がおすすめです。


契約者貸付制度

エヌエヌ生命のがん保険は、4つの型から契約形態を選ぶことができ、また、4つの型すべてで契約者貸付制度を利用することが可能です。

契約者貸付制度とは、一時的に解約返戻金の9割までの金額を借りることができる制度。万が一、経営上で多額の資金が必要になった場合には、この契約者貸付制度を利用してスムーズな資金準備を行うことができます。

また、保険会社から貸し付けられるお金は、将来的に自身が受け取る解約返戻金を担保にしているので、返済は通常の金融機関からの融資よりも手軽だと言えます。

ガン保障という福利厚生から、経営上のリスクにも備えられる、まさに法人のための保険です。


保険料と解約返戻率

がん保険の契約例を、役員向けプラン(お一人様プラン)と、従業員10名様プランの2つに分けて紹介いたします。

契約例.役員お一人様プラン(4型)

契約者:法人 被保険者:役員(男性 45歳)
保険金・給付金受取人:法人
保険期間:終身 保険料払込期間:終身 年払保険料:2,260,620円


経過年数年齢 払込保険料累計 解約返戻金額 単純返戻率
1年目46歳 2,260,620円1,653,000円73,12%
3年目48歳 6,781,860円5,638,800円83,14%
5年目50歳 11,303,100円 9,652,200円 85,39%
10年目 55歳 22,606,200円 19,707,000円 87,17%
15年目60歳 33,909,300円 29,455,200円 86,86%
20年目65歳 45,212,400円 38,821,800円 85,86%
30年目75歳 67,818,600円 55,346,400円 81.60%
50年目 95歳 113,031,000円 60,111,000円 53,18%


契約例.従業員10名プラン(4型)

契約者:法人 被保険者:従業員10名
保険金・給付金受取人:法人
保険期間:終身 保険料払込期間:終身 年払保険料:2,561,230円


経過年数 払込保険料累計 解約返戻金額 単純返戻率
1年目 2,561,230円 1,686,700円 65,85%
3年目 7,683,690円 6,200,300円 80,69%
5年目 12,806,150円 10,787,000円 84,23%
10年目 25,612,300円 22,549,400円 88,04%
20年目 51,224,600円 46,507,800円 90,79%
30年目 76,836,900円 70,361,000円 91,57%
35年目 89,643,050円 81,538,000円 90,95%
50年目 128,061,500円 107,193,000円 83,70%


以上のように個人契約時と、団体での保険契約時では、解約返戻率に違いがあります。

団体契約の場合では、返戻率は90%を超えることもありますが、だからと言って団体でのガン保険契約がお得だとは一概に言い切れません

というのも、エヌエヌ生命の終身ガン保険は、従業員が被保険者となる場合も契約期間は終身と設定されています。つまり、社員に20年から30年も長い期間を務めてもらわなければいけないということです。

会社を設立して間もない頃は社員が定着するまでに時間がかかるものですので、短期での保険解約が発生するリスクは避けましょう。

保険期間があまりにも短すぎると返戻金が十分にもらえないリスクがあります。


こんな方におすすめ

エヌエヌ生命の「終身ガン保険」は以下のような経営者の方におすすめです。

  1. 経営が安定してきたので、法人保険で従業員の福利厚生を充実化させたい
  2. 保障範囲が広いガン保険を探している
  3. 税制上のメリットを得ながら、福利厚生ができる保険に加入したい
以上の3つに当てはまる場合には、エヌエヌ生命の終身ガン保険(10)への加入が効果的だと言えます。

エヌエヌ生命の終身ガン保険は、ガン以外の死亡時にも保険金が降りることが最大のメリット。
さらに保険期間の後半では、保険料金を全額損金に算入することが可能なので、税金対策にも期待ができる保険商品と言えるでしょう。

三大疾病である“ガン”に備えた心強い保険商品ですので、興味のある方はエヌエヌ生命の「終身ガン保険」についてお問い合わせ下さい。

当サイトの記事は生命保険・損害保険に関する情報提供を目的としており、保険契約の勧誘を行うために作成したものではございません。実際に各種保険にご加入されるにあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご自身でご確認ください。また法人向け定期保険等は、被保険者に万が一のことがあった場合に、保険金を事業保障資金等の財源としてご活用いただくための「死亡保障」等を念頭に置いた保険商品であるため、当サイトでは「払込保険料の損金算入による法人税額等の圧縮」および「短期間での中途解約」のみを目的とする加入等、保険本来の趣旨を逸脱するような加入を推奨しておりません。当サイトで紹介している情報は、私たちが信頼できると判断した情報を基にしておりますが、その情報が確実であることを保証するものではございません。また掲載されている情報は2018年12月以前の情報を基にしているため、現在の事実と相違している可能性がございます。当サイトの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご理解をお願い致します。また当サイトで記載している内容につきましては、予告なしに変更する場合がございます。





あわせて読みたいおすすめ記事

  1. 生命保険 広範囲 三井住友海上あいおい生命保険「新医療保険Aプレミア」

    充実した特約が魅力!がん・介護もしっかりカバーできる医療保険会社の資金に余裕が出てきた時、福利…

  2. 保険金 増大 東京海上日動あんしん生命「低解約返戻金型逓増定期保険」

    東京海上日動あんしん生命の「低解約返戻金型逓増定期保険」は現在販売が停止されています。だんだん保険…

  3. ソニー生命 養老保険 ソニー生命「特殊養老保険」

    福利厚生を充実させながら税金対策もできる!退職金準備にはぴったりの保険養老保険を検討されて…


おすすめの法人保険

法人保険の基本情報

法人保険の種類

生命保険

損害保険

保険の税金対策

保険活用テクニック

法人税の基本

相続・事業承継

その他税金対策

保険会社一覧

商品一覧

会社設立

未分類

PAGE TOP