法人保険解説(FWD富士生命)

保険会社一覧

FWD富士生命が事業保険に強いって本当?徹底解説!

FWD富士生命の法人保険

※当記事での法人保険の保険料の損金算入割合等の税務上の扱いに関する記載は、2018年12月以前の国税庁の通達を前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルール案を公表しており、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、新しいルールによる運営が行われることになっております。詳細は国税庁・金融庁・各保険会社が公表する内容をご参照ください。

なお、当サイトでも新ルールの内容につきましては「【節税保険が販売停止】国税庁の新ルールを解説」で詳しく解説していますので、ご確認下さい。

※2019年6月25日更新 法人契約のがん保険や医療保険について、全額損金算入できる保険料の範囲が1契約当たり年間30万円までに制限される可能性があります。

FWD富士生命は、香港・シンガポールに拠点を置き、東南アジアを中心に保険事業を展開するFWDグループの一員であり、日本において生命保険事業を展開しています。

この記事では、FWD富士生命とはどのような保険会社であり、FWD富士生命の法人保険にはどのような商品があるのかをご紹介していきます。

こちらの会社の保険商品を検討しているのであれば、ぜひご一読下さい。

FWD富士生命とは?

FWD富士生命は、富士火災海上保険株式会社の100%出資子会社として、1996年に設立されました。2013年にAIG富士生命に社名変更、2017年にはFWDグループの一員となったことで、FWD富士生命として新たなスタートを切りました。

FWD富士生命は、設立から約20年と生命保険会社の中では新しい会社であり、資産規模は、総資産額が約6,285億円(2016年度末)。保有契約高は約4.5兆円(2016年度末)です。

大手の生命保険会社と比較すると小さく、保険本業の収益力を示す「基礎利益」が約101億円のマイナス(2016年度末)となっているのは、やや懸念材料だといえます。

しかし、総資産額や保有契約高などは着実に成長しており、保険金支払余力を示すソルベンシー・マージン比率は1212.7%(2016年度末・200%以上がひとつの基準)と比較的高い水準を維持しています。

また、FWD富士生命は、他社にはないユニークな保険商品を開発・提供していることが高く評価されています。

法人保険分野においても、独自性と競争力を備えた商品を取り扱っており、法人保険を検討する際には選択肢としておきたい保険会社のひとつといえます。

それではFWD富士生命の取り扱う法人保険の中から、特徴のある法人保険について具体的な内容やその特徴をみていくことにしましょう。


生活障がい定期保険【全損】

FWD富士生命の「生活障がい定期保険」は、経営者の長期にわたる死亡保障のほか、要介護状態や重篤な5つの疾病によって働けなくなるリスクに備えることができる法人保険です。


【保険金支払事由】
  • 死亡
  • 所定の高度障害
  • 所定の要介護状態
  • 5つの疾病(転移性の悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中・慢性腎不全・肝硬変)により所定の重篤な状態に該当した場合


  • 資産形成効果もあり、退職慰労金等の財源準備にも活用できる法人保険です。法人保険契約における保険料の取り扱いは、一定の要件を満たすことで全額が損金扱いとなり、税制上のメリットが特に高い法人保険でもあります。

    契約年齢にもよりますが、5〜10年の比較的短期間で高い返戻率のピークを迎えるため、短期間でまとまった金額の資金準備と税金対策ができるというメリットがあります。


    法人保険契約において全損となる契約例①
    契約者:法人 被保険者:経営者(40歳・男性) 保険金受取人:法人
    保険金額:1億円
    保険期間・保険料払込期間:72歳満了
    年払保険料:3,143,081円(全損)
    加入10年目(50歳時)解約返戻金:27,267,300円(単純返戻率:86.7%)
    実効税率33.0%とした場合の実質返戻率:129.4%

    この契約例での実質返戻率ピークは契約7年目(47歳時)
    実効税率33.0%とした場合の実質返戻率:130.1%


    法人保険契約において全損となる契約例②
    契約者:法人 被保険者:経営者(50歳・男性) 保険金受取人:法人
    保険金額:1億円
    保険期間・保険料払込期間:77歳満了
    年払保険料:5,263,661円(全損)
    加入10年目(60歳時)解約返戻金:42,804,600円(単純返戻率:81.3%)
    実効税率33.0%とした場合の実質返戻率:121.3%

    この契約例での実質返戻率ピークは契約5年目(55歳時)
    実効税率33.0%とした場合の実質返戻率:123.3%


    FWD富士生命健康相談サービス

    FWD富士生命の「生活障がい定期保険」に加入した場合には、「FWD富士生命健康相談サービス」を無料で利用できるというメリットがあります。

    このFWD富士生命健康相談サービスは、提携するティーペック(株)が提供するサービスで、専門医によるセカンドオピニオンサービスや、専門医の紹介サービス、電話による各種相談・カウンセリングなどがその内容です。

    FWD富士生命健康相談サービスのセカンドオピニオンサービスで紹介してもらえる専門医は、旧帝大医学部名誉教授を中心に構成される評議員会で選ばれ、認定を受けた日本を代表する優秀な専門医であり、日本最高といえるレベルの高い健康相談サービスです。



    99歳定期保険【1/2損金】

    FWD富士生命の法人保険「99歳定期保険」は、経営者の長期にわたる死亡保障と、資産形成効果を活かした退職慰労金などの財源準備にも適した法人保険(長期平準定期保険)です。


    法人保険契約例
    契約者:法人 被保険者:経営者(40歳・男性) 保険金受取人:法人
    保険金額:1億円
    保険期間・保険料払込期間:99歳満了
    年払保険料:2,433,599円(1/2損金)
    加入10年目(50歳時)の解約返戻金:21,576,000万円(単純返戻率:88.6%)
    (実効税率34.0%とした場合の実質返戻率:106.8%)

    加入25年目(65歳時)の解約返戻金:52,196,300万円(単純返戻率:85.7%)
    (実効税率34.0%とした場合の実質返戻率:103.3%)


    この「99歳定期保険」では、所定の健康状態や喫煙の有無により、適用される保険料率が変わる仕組みがあり、条件を満たすことで保険料が割安になり、返戻率アップが期待できます。

    優良体料率適用条件
    ①健康状態および身体状態が、所定の引受基準を満たしており良好
    ②血圧値が〈最大血圧140未満・最小血圧90未満〉の範囲内
    ③BMI値が〈18.0~27.0〉の範囲内 *BMI=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

    非喫煙優良体料率適用条件
    上記①〜③の条件を満たし、かつ 過去1年以内に喫煙をしていない場合

    標準体料率
    上記①〜③の条件を満たさない場合


    加入25年目(65歳時)における保険料率ごとの比較
    【契約条件】契約者:法人、被保険者:経営者(40歳・男性)、保険金受取人:法人、保険金額:1億円、保険期間・保険料払込期間:99歳満了
    保険料率 年払保険料 払込保険料累計 解約返戻金額 単純返戻率 実質返戻率
    標準体 243万円 6084万円 5220万円 85.7% 103.3%
    優良体 237万円 5925万円 5197万円 87.7% 105.6%
    非喫煙優良体 232万円 5805万円 5247万円 90.3% 110.8%
    ※実質返戻率は、法人保険契約の保険料の1/2を損金とし、実効税率を34.0%と仮定した場合
    ※保険種類:標準体・定期保険、優良体・非喫煙優良体・優良体定期保険


    FWD富士生命の「99歳定期保険」は、低解約返戻金型ではない長期平準定期保険の中では返戻率が高く、中でも非喫煙優良体の競争力はかなり高い法人保険商品だといえます。


    その他の法人保険

    生活障がい定期保険【全損】と99歳定期保険(定期保険/優良体定期保険)【1/2損金】以外で、FWD富士生命が取り扱う特徴的な法人向け保険を、以下に紹介します。


    福利厚生プラン(養老保険)【1/2損金】

    FWD富士生命の「福利厚生プラン(養老保険)」は役員・従業員退職金や弔慰金準備制度として福利厚生を充実させながら、税金対策を行うことができる養老保険の法人保険契約プランです。

    法人を契約者・満期保険金受取人、被保険者を従業員、死亡保険金受取人を従業員の遺族とする法人保険契約の保険料は、条件を満たせば福利厚生費として1/2が損金算入できます。


    総合福祉団体定期保険(有配当/無配当)【全損】

    FWD富士生命の「総合福祉団体定期保険」は、企業福利厚生規程(弔慰金・死亡退職金制度)に基づいて、従業員に万一のことがあった場合に遺族の生活保障を行う、1年更新の法人保険です

    従業員の福利厚生制度の充実となるとともに、法人保険契約の保険料は、条件を満たせば福利厚生費として全額損金となるため、税金対策ともなります。

    保険金の支払実績に応じて保険期間終了後に配当金が支払われる「有配当型」と、配当がなく保険料が割安な「無配当型」があります。

    FWD富士生命の「無配当総合福祉団体定期保険」は、他社と比較しても競争力の高い法人保険商品であり、無配当型の総合福祉団体定期保険を検討するのであれば、FWD富士生命を候補に入れることをおすすめします。


    FWD富士生命は競争力のある商品を保有

    FWD富士生命は、保険会社の中では比較的新しい会社ですが、他社にはないユニークな保険商品を開発・提供していることが高く評価されています。

    また、FWD富士生命は、法人保険分野においても独自性と高い競争力を持っており、法人保険を検討する際には選択肢に加えておきたい保険会社のひとつです。

    企業のニーズにあわせて、FWD富士生命の法人保険を活用していきましょう。

    当サイトの記事は生命保険・損害保険に関する情報提供を目的としており、保険契約の勧誘を行うために作成したものではございません。実際に各種保険にご加入されるにあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご自身でご確認ください。また法人向け定期保険等は、被保険者に万が一のことがあった場合に、保険金を事業保障資金等の財源としてご活用いただくための「死亡保障」等を念頭に置いた保険商品であるため、当サイトでは「払込保険料の損金算入による法人税額等の圧縮」および「短期間での中途解約」のみを目的とする加入等、保険本来の趣旨を逸脱するような加入を推奨しておりません。当サイトで紹介している情報は、私たちが信頼できると判断した情報を基にしておりますが、その情報が確実であることを保証するものではございません。また掲載されている情報は2018年12月以前の情報を基にしているため、現在の事実と相違している可能性がございます。当サイトの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご理解をお願い致します。また当サイトで記載している内容につきましては、予告なしに変更する場合がございます。





    あわせて読みたいおすすめ記事

    1. 三井住友海上のメリット 三井住友海上火災

      三井住友海上といえば、CMの中や個人の保険商品に「GK」があります。個人や法人などのさまざまなリスクに…

    2. メットライフ生命の詳細 メットライフ生命

      法人保険を検討する際、どこの会社のどの法人向け保険商品を選べばいいか悩むと思います。法人保険は…

    3. 火災保険と自動車保険 セコム

      セコムはセキュリティ会社としての知名度がある会社ですが、実は法人向けの保険商品も取り扱っています。…


    おすすめの法人保険

    法人保険の基本情報

    法人保険の種類

    生命保険

    損害保険

    保険の税金対策

    保険活用テクニック

    法人税の基本

    相続・事業承継

    その他税金対策

    保険会社一覧

    商品一覧

    会社設立

    未分類

    PAGE TOP