定期保険における全損と1/2損金の違い

法人保険の基本情報

損金算入額が変わる?法人保険105ルールの概要と計算式

法人保険に節税効果を期待している経営者の方は多いと思います。

しかし、実際に法人保険へ加入をしただけでは、企業の資産を有効に活用しているとは言えないのをご存知でしょうか。

実は、国税庁では各商品に税務処理の方法を定めており、法人保険も例外ではありません。

特に、法人保険の中でも貯蓄性の高いと言われている定期保険長期平準定期保険は、国税庁が規定する105ルールによって保険料の損金算入額が決まります。

法人保険へ加入する場合、支払う保険料が、1/2か全額損金算入可能かでは、経営上でも大きな差が出るポイントです。

経営者として、より効果的に法人保険を活用するためにも、こちらでは法人保険に加入する前に知っておきたい105ルールの概要についてご説明します。


そもそも法人保険の105ルールとは何か

経営者
法人保険の種類である、定期保険には、国税庁が規定する通称「105ルール」が適用されています。

105ルールとは、法人保険特有の税務ルールの事で、この105ルールの条件によって損金に算入することが可能な保険料の金額が決まります。

具体的に説明すると、105ルールで定期保険と分類された場合は、保険料の全額が損金に算入可能。

長期平準定期保険と分類された場合は、保険料の1/2を損金に算入することが可能
です。

このような105ルールによる法人保険の特徴から、経営上でどのように法人保険を活用するのかが変わります。

定期保険の場合は、法人保険の保険料を全額損金に算入することが可能です。

とはいえ、解約返戻率は長期平準定期保険と比較して高くないので、返戻金は低額となる傾向があります。

長期平準保険の場合は、105ルールの規定によって保険料の1/2が損金として扱うことができます。

また、100%を超える非常に高い返戻率を持っていることから、

返戻金の金額は高いので、中~長期間でまとまった資金を手に入れたい場合には、長期平準定期保険の活用がおすすめだと言えます。

では、いったい法人保険の105ルールはどのように規定されているのか。次では、105ルールの計算方法について説明をします。


105ルールの計算式と計算方法

105ルールの計算方法
最初に、法人保険の105ルールの概要を簡単に表すと以下の通り。


定期保険(全額損金)  保険加入時の被保険者の年齢+保険期間×2≦105
長期平準定期保険(1/2損金) 保険加入時の被保険者の年齢+保険期間×2>105



この105ルールに加え、「保険期間満了時に被保険者が70歳を超えているかどうか」で、定期保険扱いとなるのか、長期平準定期保険となるのかが決まります。

例えば、契約する法人保険の保険期間を20年とした場合、

20年×2=40
105-40=65

となるので、被保険者の年齢が65歳以下であれば定期保険66歳以上であれば長期平準定期保険の扱いとなります。

先ほど105ルールについて説明したように、定期保険と長期平準定期保険では経営上の活用方法に違いが出てくるので、法人保険の加入前には、被保険者の年齢や105ルールの仕組みについてしっかりと確認をしましょう


長期平準定期保険の経理処理の仕方

加入する法人保険が、105ルールによって長期平準定期保険に該当した場合、支払う保険料を全額損金計上することは認められていません。

しかし、保険期間全体で考えると、全額損金計上することが可能です。

ただし、長期平準定期保険の経理処理の方法は、定期保険と比較すると複雑です。長期平準定期保険に加入する場合は、保険料の経理処理を理解しておくことが重要になります。

長期平準定期保険の保険料は、保険期間の前半60%と後半40%の期間で、異なった経理処理を行います。

前半60%の期間では、支払った保険料の2分の1を損金計上し、さらに、残り2分の1を資産計上するのがルールです。

資産として処理されるということは、会社として支払った保険料が経費として完全に消えてなくなったわけではないことを意味します。

いわば、将来において保険金や返戻金という形で戻ってくることから、保険会社に資産を積み立てていると考えられるのです。

保険会社に積み立てられた保険料は、会社にとって資産と言えるため、損金処理ではなく資産計上処理することになります。

そして、保険期間が後半40%に入ると、支払った保険料は全額損金計上することになります。

さらに、前半60%で積み立ててきた資産についても後半40%の期間に均等に按分して取り崩しを行い、損金に回すルールです。

つまり、後半40%の期間中は、支払った保険料以上の金額を損金として計上することになります。

また、資産計上額に着目すると、前半60%の期間は資産が増加し、後半40%の期間においては減少する形になることも特徴です。

こうすることで、保険期間満了時には、それまで支払ったすべての保険料が損金として取り扱われます。


損金の割合が変わると何が変わる?

法人保険加入を考える際に、長期平準定期保険と定期保険を比較した場合、前半60%の保険期間においては、長期平準定期保険の損金計上額は定期保険よりも少なくなります。

国税庁の規定する105ルールにより、一般的な定期保険の保険料は全額損金算入できるのに対して、長期平準定期保険の保険料は2分の1だけしか損金計上できないためです。

税務上で損金算入額が少なくなると、益金と相殺できる効果がある損金の総額も減少します。

そのため、長期平準定期保険に加入した場合は、法人税の税負担が定期保険と比べて重くなるということが特徴として挙げられます。

しかし、短い期間での保険解約さえしなければ、長期平準定期保険であっても、保険期間満了時には支払った保険料のすべてを損金計上することができます。

長期平準定期保険の場合は、解約返戻金が最も高額になる時期を狙って解約するという形で利用されることが多いです。

そのため、保険期間満期まで契約を続けることは少ないので、損金計上額が増える後半40%の保険期間まで契約を維持するケースは多くないのが実態です。

また、短期的な節税効果を狙うのであれば、長期平準定期保険は不利になります。

長期平準定期保険は定期保険と比べて、契約後かなりの期間、保険料の損金算入可能額が少ない状態が続きます。

このため、短期間で節税効果を得たい場合は、長期平準定期保険ではなく、一般的な定期保険に加入するほうが効果的だと言えるでしょう。

全額損金扱いに出来る法人保険と比べ、保険料の一部が損金となる法人保険は、保険料の金額によっては会社のキャッシュを圧迫してしまう可能性があります。

しかし、中~長期間での法人保険の活用が可能であれば、長期平準定期保険に加入をすることで、将来的に多額の返戻金を会社の収入として受け取ることが可能です。

以上から、損金算入について、どちらの方が会社に有利であるのかを見据え、法人保険の検討を行いましょう。


それぞれの特徴に合った法人保険選び

法人保険選び
ここまでお話したように、法人保険の105ルールによって、定期保険と長期平準定期保険が決定されます。

定期保険は、保険料の全額を損金に計上することができますが、返戻金の額は長期平準定期保険に比べて少額です。

一方で、長期平準定期保険は保険料の1/2の額を損金算入することができます。また、返戻金の額は定期保険と比較して高額です。解約時期によっては、返戻率が100%を超えることもあります。

以上から、返戻率は低いですが、保険料の損金算入額が大きい定期保険は、法人税を抑える効果を持っているため、潤滑な資金繰りに向いていると言えます。

返戻金の高額な長期平準定期保険は、役員などの退職金準備に活用することがおすすめです。

保険料の一部が損金に算入可能なことから、現金での積み立てよりも効率的だと言えます。

このように、定期保険または長期平準定期保険のどちらを利用するかで法人保険の活用方法が変わります。

これらの法人保険への加入を考える際には、105ルールの規定により、被保険者の年齢や保険期間、返戻率がピークに達するまでの期間が重要になりますので、注意が必要です。

もちろん、こちらで紹介した定期保険や長期平準定期保険以外にも多くの種類の法人保険があります。

損金額や保障内容が一致している法人保険は他にもあるので、様々な種類の法人保険を比較することが重要です。

法人保険は、1度加入したら簡単に解約をすることが難しいもの。本当に会社に必要な保険を選ぶためにも、こちらのページでは、法人向け生命保険の比較を詳細にまとめましたので合わせてご確認ください。




忙しい経営者ほど、法人保険のプロに相談し、保障と節税効果を得ています。

「法人保険プレミアコンシェルジュ」とは?

法人保険への加入を検討している経営者の皆様が抱えるお悩みを解決し、最適な法人保険を選べるようあなたの会社に寄り添ったご提案を致します。法人保険がどんなものか、メリット・デメリット、人気の商品情報など無料でご相談頂けます。



中小企業に特化した提案が特徴

中小企業に特化した保険代理店「ほけんのぜんぶ」と提携して、無料相談サービスを展開。これまでの実績をもとに、27社の保険会社から「経営者の会社」、「個人資産」、「家族」の安全に対して最適なご提案を致します。また、全国16拠点で展開しているので、決算前でお急ぎの方や、地方の方でもすぐにお伺いすることができます。



万全のアフターフォロー

法人保険のプロフェッショナルだからこそ、契約後のアフターフォローを重視しています。お客様に対して、「ほけんのぜんぶ」全社で対応するので、専属の担当者が辞めてしまいフォローがストップしてしまうという心配は一切ございません。解約返戻金を適切な時期に行い、確実に節税効果を生み出します。




WEBからご相談内容をお送りいただくと、内容に合わせ、これまでのノウハウを元におすすめできる保険の種類や出口戦略をご提案し、一緒に最適な保険を選んでいきます。

また、具体的な商品が決まっていなくても法人保険の基本的なことからご相談頂けますので、まずはお気軽にご相談下さい。


お電話の方はこちら
(0120-912-965)

24時間365日対応可能
※電話発信機能がない場合には、ボタンをクリックしても電話ができません。







関連記事

  1. 法人保険とは何かを説明 企業保険

    会社経営には、予期せぬリスクがつきもの。しかしながら、リスクを恐れているばかりでは会社の発展にも支障が出てしま…

  2. 生命保険を法人契約する6つのメリット

    生命保険の法人契約を考えるときには、まずどんなメリットがあるのかをおさえておく必要があります。そして、…

  3. 法人保険の解約返戻金の活用法

    法人保険に加入をしたあとで満期になる前に解約した場合、保険の種類によっては解約返戻金を受け取ることが可能です。…


おすすめの法人保険

法人保険の基本情報

法人保険の種類

生命保険

損害保険

保険の節税効果

保険活用テクニック

法人税の基本

相続・事業継承

その他節税対策

企業向け保険会社一覧

会社設立

PAGE TOP